高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

沖縄を見下す朝日新聞の非礼

朝日新聞が今夏、沖縄戦について「日本軍は住民を守らなかった
と語りつがれている」などとする中学・高校生向けの教材を作成して
学校に配布し、教育関係者から「偏向的な内容で子供たちに誤解を与える」
と批判の声が上がっている。

朝日新聞はこの教材を38万部作成したが、
学習指導要領を大きく逸脱している上に、
事実ではないとされる記載も目立つという。

全体的に日本軍への批判的記述が目立ち、
次のようなことが書かれている

「沖縄戦の教訓として『軍隊は住民を守らなかった』と語りつがれている」

「(集団自決について)わたしは石で、母親を殴りつけました。
兄とともに9歳の妹、6歳の弟を手にかけてしまったのです。
(中略)わたしたちは「皇民化教育」や日本軍によって、『洗脳』されていました」

などだ。

一方沖縄での生き証人の中には、兵隊に「集団自決します」と言ったら
「若い人がバカなことをするな」といさめたり、
命がけで一般市民を守ってくれたという証言もあるが、
そういったことは一切記載されていない。

一般市民だって、命がけで子供を守った人がほとんどで
あったが、そういったことも書かれていない。

まるで沖縄中の全員が、本土や一部の軍部の妄言に惑わされて
娘や息子を死に追いやったような書きっぷりである。

これはあまりにも沖縄の人々に対し無礼であり、
沖縄県民をバカにしたものだ。

誇り高き沖縄県民はそんなに単純ではない。

朝日新聞は、基地の負担などで、「沖縄県民を守れ」などと
いっているが、その実は見下しているとしか思えない。

そうでなければ、あのような教材は作れまい。

沖縄は常に被害者で常に正しく、
本土は常に沖縄を圧迫し負担を強いる加害者であるという
図式を強引に広めようとしている。

自分たちの政治スタンスを主張するためには、
事実すらも歪曲し、都合よく切り貼りする。

これでは南北朝鮮と同じではないか。

PageTop

憲法9条ノーベル賞運動の愚かさ

座間市の主婦が「憲法9条にノーベル平和賞を」と呼び掛けたのを
きっかけに、今年のノーベル賞の候補となった問題。

まったく愚かな話だと言わざるを得ない。

受賞などという悪夢が起きなかったということにひとまず安どした。

それでも、40万人以上の無知な国民の署名が集まったというから
この国の将来を楽観することはできないだろう。

そもそも、ノーベル賞は、個人や団体に贈られるものであるから、
憲法9条という法律の条文は受賞資格を有していない。

そこで推進派が考えた屁理屈が、
「9条を制定し、守ってきた日本国民」を対象と
するというものだが、これもまったく的を得ていない。

日本国憲法を策定したのはGHQであり、形ばかり
国会で決議されただけで、その内容に当時の日本政府が
異を唱えることは実質的に不可能であったと言ってよい。

占領下の日本に対して押し付けたものだ。

ちなみに国際法では、占領下の国の憲法を
変えたりすることは禁止されている。

いまの日本国憲法は、国民主権などではまったくなく、
事実上の強制性をもって押し付けられるという
不法行為の産物である。

これの一体どこが「平和」賞なのか?
聞いてあきれる。

しかも、推進派は、憲法9条があったから
日本は今まで戦争に巻き込まれず、平和を維持できている
というが、これはまったく逆だ。

9条のために、何も手出しできないと近隣諸国から
高をくくられているから、韓国に竹島を侵略され、
支那は尖閣諸島周辺に平気で領海侵犯を繰り返す。

憲法9条は国民を守るどころか、国民を危険にさらしている
のが現実である。


本当に「平和」を重視するなら、国際社会の現実をみると
安倍首相が唱えている「積極的平和主義」しか選択肢が
ないのが実情だ。

つまり抑止力だ。
憲法9条などという悪法を後生大事にして、
不利益を被るのは日本国民なのだということを忘れてはならない。

PageTop

韓国社会のタブーは親日

韓国社会で最大のタブーは「親日」である。

ひとたび親日派のレッテルを貼られた者は
民族の裏切り者として、あらゆる手段で
社会的制裁が加えられる。恐ろしい話だ。

親日的発言といっても、それは政治家や
政府によるものに限られない。

客観的な根拠に基づいた研究者による発言などにも、
その刃が向けられる。たとえば2004年に
「慰安婦の強制連行」を否定したソウル大学経済学部の
李栄薫教授は、社会的な非難を受け、
慰安婦達の前で土下座させられた。

さらにその2年後、これまでの歴史観に囚われない
新しい歴史教科書を作ろうと開催されたフォーラムで、
それに反対する暴力勢力から殴る蹴るの暴行を受けた。

少し前には、「日本統治時代は良かった」と発言した老人が、
怒った若者に殴り殺されるという惨事も起きた。

韓国社会では、日本を肯定する発言は、
それが事実であっても暴力によって
封じ込められるようだ。


これではどこかの国と同じだ。
到底民主国家とはいえない。

PageTop

池上彰氏コラム掲載拒否の朝日

朝日新聞は9月4日朝刊に、ジャーナリストの池上彰氏の
コラムを掲載した。

「訂正、遅きに失したのでは」というコラムの内容が
朝日新聞に批判的だったということで朝日側が
掲載を拒否していたものが、社内外からの批判の嵐を
浴びて、一転、掲載に至った。

自分に批判的なコラムだから、掲載を拒否する。

批判的な記事を掲載した週刊誌(文春)などの
広告掲載を拒否する。

これらの行動は、権力による言論弾圧と
何も変わらない。

そういったことに、自分たちは最も反発するくせに、
自分たちに都合の悪いことは強硬な手段に出る。

自己矛盾もいいところだ。

池上氏のコラムでは、
「慰安婦の吉田証言に関する記事を
取り消すのなら、同時に謝罪をするべきではないか」
と指摘されている。

もっともだ。

国民を欺いただけではなく、その尊厳を貶め、
世界中に嘘を広めたのだ。

国民に対し謝罪するのが当然だろう。

PageTop

安倍総理は靖国神社へ参拝せよ

8月15日の敗戦の日に、
閣僚数人が靖国神社に参拝したが、
安倍総理は、参拝せず、私費で玉串料を
奉納することでお茶を濁した。

本来であれば、閣僚が参拝するのに先立って
率先して参拝する立場であるのに、
このような行動をとったことは非常に
残念である。

日中首脳会談実現を念頭においており、
刺激することを避けたという報道もあるが、
それこそまさに内政干渉に屈したという
ことではないか。

弱腰な態度を取るとつけあがり、
要求がどんどんエスカレートしてくるのが
支那共産党である。

昨年12月に参拝した時のように、
毅然とした態度を取れば良いのだ。


日本のリーダーたるもの、
もっとしっかりしていただきたいものだ。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。