高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

支那人とフランス人

所用のため、パリへ行ってきた。

厳寒のパリを楽しむ暇はなく、
もちろん買い物もしなかったのだが、
シャルリ・エブドのテロの影響で警戒は厳しくなっており、
店によっては鞄の中身をチェックされる。

現地のフランス人からこんな話を聞いた。

春節休暇もあってか支那人の観光客が急増している。
高級百貨店では、大型バスで乗り付ける支那人観光客が
ブランド品を大量に買い漁るため、他のお客を入場制限する例もあるそうだ。

支那人観光客の大声とフランス人店員の仏頂面が目に浮かぶようだ。

帰途に就くためのシャルル・ド・ゴール空港。
急いで航空券を取ってきたので、いい席に変えてもらおうと
カウンターで申し出ると、これまた仏頂面で首を横に振る。満席か?
と聞くと頷く。嘘だろう、
と確信して近くにいた日本人係員に聞くとすぐに変更してくれた。

フランス人労働者は自分が楽をするためには
顧客に対して平気で嘘をつく。

顧客がクレームをつけても意味はない。
社会主義的な労働政策によって労働者の身分は
手厚く保護されており、不利益を被らない。
かといって階級社会の残り滓がいまだに続いているため
超エリートが優遇され、一般人は出世に縁がない。

質の低い労働が淘汰されないから若者の失業率は高く、
不満がうっ積する。社会が澱んでいるのだ。
人種や宗教による差別も当然ある。

どことなく支那に似ていないか。

それだけではない。支那の中華思想とフランスの唯我独尊主義。
いい勝負か、と思いながら機上の人となった。

PageTop

財閥が国を滅ぼす韓国

財閥ロッテグループが運営し、昨年10月に一部開業した
複合商業施設「第2ロッテワールド」(ソウル市)が、
いきなり苦難に直面している。

相次ぐ施設の事故やトラブルの影響で客足が激減しているのだ。

すべてが完成すれば、韓国で最も高い地上123階建て(555メートル)の
超高層ビルになる予定だが、その安全性には疑問の声が上がっている。

これまでに、天井のインテリアが職員の頭に直撃する事故が
発生したほか、フードコートの床がひび割れたり、
水族館の大型水槽の水中トンネルでの水漏れ、
映画館の震動などが起きた。

昨年12月には8階のコンサートホールで作業員の死亡事故が起き、
ソウル市は映画館、水族館の一時営業停止を命じている。

セウォル号の事件といい、大韓航空といい、この国の
企業には安全という意識は無いらしい。

やることすべてが無茶苦茶。
まともではない。

韓国という国の構造が異常で、癒着と既得権益で
財閥が好き勝手に国を食い散らかした。

その結果、数々の人災が起きている。

韓国という国がどうなろうと知ったことではないが、
日本に対して文句を言う前に、まず自国の問題点と
向き合うべきだ。

もっとも、それができないから、
あえて「反日」というまやかしで、
国民の目をごまかしているのだろうが・・・。




PageTop

日韓スワップ協定の終了

14年間続いた日韓の通貨スワップ協定が23日に終了する。

双方が実務的に検討して「両国の金融、経済状況から
延長の必要がない」という合意に達した。

自然な結論である。

この協定は相互支援の形をとってはいるが、
もともと1997年のアジア通貨危機を教訓にして
日本が韓国を支える枠組みとして始まった。
最大時には700億ドルの規模にまで膨らんだ。

スタート時には1030億ドルだった韓国の外貨保有高は
今や3640億ドルに達しており、十分な規模である。

もちろん、現実の韓国経済は綱渡りの状態であり、
外貨準備に不安がないわけはない。
しかし、韓国から延長の提案がないのに、
日本としては延長をお願いすることなどありえない。

そもそも、日本が善意から提案したとしても、
素直に受け止めてもらえる国ではないのだ。

つい最近も、平昌五輪を巡って韓国で騒ぎになった。
資金不足や政治的なことが原因で準備が進んでおらず、
テスト大会の開催すら絶望的と言われる。

焦ったIOC(国際オリンピック委員会)が規約を改正してまで
他国との共同開催が出来るようにしたのだが、韓国世論は反発した。
日本の陰謀だというのである。

冗談ではない。
見栄のために無理やり誘致した五輪である。
いまさら資金不足だとか体制が整わないとかいうのは
純粋に国内問題だ。


できなければ世界に恥をかけばいいのだ。
日本は何の関係もない。


手を差し伸べる義理も道理もない。

この国と一緒になって何かをしようとするのはやめた方がいい。
サッカーW杯の日韓共同開催で懲りたではないか。

かかわるとロクなことにならない隣国。
韓国だけではない。このような国々に囲まれている
不幸を嘆きたくなる。

PageTop

韓国サムスン電子の業績不振

サムスン電子が30日に発表した7~9月期の営業利益(確報値)は
4兆600億ウォン(約4200億円)と前期の7兆1900億ウォンに比べ
43.5%減、前年同期の10兆1600億ウォンに比べ60.1%減となった。

韓国はただでさえ、GDPの2割をサムスングループが稼ぎ出している
という、国家の経済としては異常な構造をしている。

その大黒柱のサムスンの業績に暗雲が立ち込めている
というのだから、韓国経済にとっては相当な痛手だ。

しかし、この業績不振も不思議な話ではない。

もともとが過大評価されていただけだ。

テレビやスマホで大きく業績を伸ばしたとされているが、
もともとは日本企業のモノマネ、いや、完全なパクリである。

日本憎しといっておきながら、結局は独自性などなく
日本の技術を盗むしかない。皮肉なものだ。

しかもそのパクリであるが、日本の大手電気メーカーで、
役職定年などになって給料が下がっている人を強引に
ヘッドハントするという手法が一時問題になった。

日本人技術者に最初は入社の条件として、
破格の待遇を用意する。

2000年代後半などは、日本メーカーでも早期退職やリストラの
嵐が吹いていたから、当然そちらになびく人もいた。

それでどうしたか。

サムスンは最初の1年でその人から技術を盗むだけ
盗んで、またすぐに首を切ったのだ。

サムスンなどという会社に入社した日本人が
自業自得と言えば身も蓋もないが、
生活のため、家族のために苦渋の決断を
した人もいただろう。

そうした思いもお構いなしに、
サムスンは日本人技術者を利用するだけ利用して
使い捨てにした。

企業の持続可能性(サステナビリティ)が
重視される今の時代。

そうした手法をとった企業が長生きできるわけもない。

サムスンが破綻する日も、そう遠い未来ではないかもしれない。

PageTop

経済交流減少で困るのは韓国だけ

複数の韓国メディアの報道によると、
韓国と日本の貿易総額の減少傾向が
加速していることが韓国貿易協会の発表で明らかになった。

報道によると、今年上半期の貿易総額は429億7300万ドルと、
前年同期比で1割近く減少した。

政治だけでなく、両国の経済レベルでの関係の
希薄化も加速している。

もちろん日本には何の関係もない、というか
希薄化してもらいたいが、
韓国はそうはいかない。

主要産業である精密機器等の部品の多くは
日本からの輸入に頼っているからだ。

そしてその製品も日本メーカーのパクリ
と言っても過言ではない。

日本メーカーの中高年技術者を韓国企業がスカウトし、
ノウハウだけ吸収したら解雇されたという
事例が多く発生している。

あれだけ反日攻勢を強めながら、
結局は日本のパクリ、それも姑息な手段で
しか生きていけない韓国。

あれだけ支那に擦り寄っているのだから、
支那の不良品のパクリでも作ってはどうか。

日本はいい加減迷惑しているのだ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。