高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小笠原のサンゴ密漁問題

支那漁船群による小笠原のサンゴ密漁だが、
日本側が抗議しても、一向にやむ気配はない。

支那当局は、「適正に対処する」という通り一遍の
回答をするだけで、まったく誠意ある対応は期待できない。

というより、これには支那当局が裏で糸を引いているという
事情があると考えるほうが自然であろう。

関係者によると、いくら高値で売れるサンゴでも、
あれだけの数で出船して、支那から小笠原にまで
来ると、燃料費などで赤字になってしまう可能性も
かなりあるという。

とすると、別な目的を疑わざるを得ない。

尖閣周辺の警備に注力している日本に対し、
それ以外の島嶼防衛の対応力を試しているという
見方をする向きもある。

尖閣以外の離島、特に無人島に漁民に偽装した
乗組員が上陸した場合など、日本は適切に
対処できるのか不安要素は尽きない。

日本は世界第6番目の排他的経済水域を持つ
海洋大国であるが、それは同時に守るべき
海洋面積も大きいということになる。

海上警備の重要性を再度認識し、
集中的に予算をつぎ込んで徹底すべきである。

社会福祉が重要でないとは言わないが、
それよりも国土を守ることのほうがはるかに
重要である。

政府は、日本の領海には支那の漁船1隻たりとも
入れさせない、という強い気構えをもって島嶼防衛に
取り組んでいただきたいと思う。

PageTop

小笠原の環境と領土を支那から守れ

世界自然遺産である小笠原諸島の周辺で、
支那の漁船によるサンゴ密漁が相次いでいる。

海上保安庁によると、小笠原周辺海域では100隻以上が確認された。

我が国の排他的経済水域はもちろん、
領海に不法侵入する船も後をたたない。

日本漁船のサンゴ漁は資源保護のため自主規制をまもっているが、
支那船はやりたい放題である。

他国の排他的経済水域であろうと資源保護であろうと一切無視だ。

しかも日本船が5トン程度の大きさなのに対して100トン級であり、
根こそぎさらっていく。

テレビニュースでは甲板に積まれたサンゴ網がはっきりと映っていた。

日本船はぶつけられるのが怖くて近寄ることもできないだろう。
海上保安庁も4、5隻の巡視船しか派遣できないのでどうしようもない。

どうすればいいのか。

政府は、支那に対して、国際法を無視した漁船の活動を
許さない旨をはっきりと通告し、
違反すればだ捕すると表明するべきである。


支那はこれに反論できないはずだ。それはなぜか。

支那共産党の習近平指導部は発足2年を迎える。

党内で着実に権力基盤固めを進める習主席は、
新たな国家運営の考え方として「法治」を掲げ、
法に基づく統制を強める方針を打ち出した。

このほど開かれた党中央委員会第4回全体会議(4中全会)でも
初めて「依法治国」(法治主義)の強化を打ち出した。


法治主義とは笑わせる話である。


支那の司法機関は共産党の下部組織である。

憲法は共産党綱領の下に位置づけられている。

その前提での「法治」であることを世界は認識しなければいけない。

司法も行政も軍隊も党の指導下にある一党独裁の国である。
その党を独裁するのが主席である習近平だ。

彼にとっての法治主義とは、結局は
「俺が法であり、俺の言うとおりにしろ」ということに他ならない。

本当に国際法を順守することに理解が深いのかどうか。
日本政府ははっきりと踏み絵を踏ませなければいけない。

PageTop

インドと支那の領土問題

インドと支那の対立が激化しそうだ。

支那の習近平はインド訪問中の18日、
ニューデリーでモディ首相と会談した。

会談後の共同記者会見でモディ氏は、
両国が領有権を争うカシミール地方などで
支那人民解放軍の越境行為が続いていることに
懸念を表明し、領土問題への強い姿勢を示した。


「国境地域で起きていることに懸念を表明した。
問題解決が必要だと申し上げた」

モディ氏は会見で厳しい表情でメモを読み上げ、
それを見守る習の表情は硬かった。

印メディアは最近、当局者らの話として、
カシミール地方で人民解放軍が実効支配線を越え、
インド支配地域に侵入していると連日伝えている。

両国はカシミール地方と印北東部アルナチャルプラデシュ州で
領土問題を抱え、1962年には国境紛争が起きている。

モディ氏は今月1日、来日した際にも支那の
領土拡張主義を批判していた。

東アジアも多くの火種がくすぶっているが、
南アジアも支那とインドという人口規模が世界1位と
2位の国が対立していることは、安全保障上の脅威である。

近隣諸国のほとんど全てと領土問題で
争っている支那は、アジアの、いや世界の嫌われ者。

国際社会が団結して、冷戦時代のトルーマン・ドクトリンの
ように支那を封じ込め、横暴を阻止しなければ
アジアに平和が訪れることはないだろう。

PageTop

オスプレイの自衛隊への配備

来年からオスプレイが自衛隊に配備される予定であるが、
左翼マスコミは、いまだに「オスプレイは欠陥機なので危険」
という、間違った認識を植えつけようとネガティブキャンペーン
をやめようとしない。

そもそも米軍が乗員の生命が危険な欠陥機を配備するなど
あり得ないということは、常識でわかる。

確かにオスプレイは開発が当初は難航し、
開発段階で事故が多発した。

しかし、諸問題が克服されて安全性が確立され、
米軍に正式採用された。
その後、事故率は他のヘリに比べて高くない。

それなのに、どうして誤報道があとを絶たないかというと、
沖縄の基地反対派系の一部のメディアがそうした情報を
盛んに流しているからである。

オスプレイの配備は佐賀空港が有力視されているが
配備されると水陸両用能力、統合運用能力と
いった能力が飛躍的に向上することは間違いない。

オスプレイの優れた特性は、その行動半径だ。行動半径
が給油なしで600Km(那覇空港から尖閣往復可能)だ。
小回りが効いてかつ、航続距離も長いため、
自衛隊に創設される海兵隊機能にとっても
必要な装備である。

オスプレイ=危険 という情報操作に惑わされて、
国内で意見が分かれて喜ぶのは支那である。

そのような外野の意見に左右されず、
抑止力によって国土を守る。
政治家にはこの姿勢を徹底してもらいたい。


PageTop

ロシア軍事演習は容認できない暴挙

先日、ロシアが不法支配する北方領土の国後島と択捉島で
軍事演習を始めた。

事前に察知した日本政府は中止を要請していたが、
ロシア側はこれを拒否。
ウクライナ情勢に関し欧米に合わせる形で
対露制裁に踏み切ったことへの意趣返しとの見方もあり、
今秋に予定されているプーチン露大統領の来日は厳しい情勢になった。

安倍総理は、軍事演習について
「わが国として到底受け入れることはできない。
外務省からロシアに対して厳重に抗議する」と批判した。

ロシア軍の北方領土での軍事演習は4年ぶりで、
近年では最大規模。

ロシア軍東部軍管区に所属する兵士1000人以上のほか、
軍用車両100台、攻撃用ヘリコプター5機が投入された。

これで、プーチンの今年秋の来日はますます遠のいたことは
間違いないが、はっきり言って来なくてよい。

プーチンは国際社会の常識の通じる相手ではない。

プーチンは、北方領土問題を解決
しようという意思は全くないと考えて良い。

ただ日本にエサをちらつかせて、
良い外交条件を引き出そうという魂胆なのはみえみえだ。

この男を決して信用してはいけない。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。