高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

世界に恥をさらす韓国司法界

韓国出身の評論家で拓殖大国際学部教授の
呉善花氏(56)=日本国籍=が韓国への入国を拒否され、
日本に引き返していた。

呉氏は歴史問題などをめぐって韓国に厳しい評論活動で知られている。

成田空港で27日夜、産経新聞の取材に応じた呉氏は
「文明国としてあってはならないこと。人権も何もない。もっと冷静に対応してほしい」と、
韓国側の対応を批判した。
呉氏は昭和58年に来日。日韓関係を中心に評論を行い、
「攘夷の韓国 開国の日本」「スカートの風」などの著書がある。

呉氏によると、ソウルで行われる親族の結婚式に出席するため、
27日午前11時すぎに韓国・仁川空港に到着。

しかし、入国審査の際に隣接する事務所に行くよう指示され、
パスポートの詳細な確認などを受けた。

約1時間半後に「入国は許可できない」と告げられ、
理由を職員に尋ねても「上からの命令だから」などと答えるのみだったという。
しかも、機内に着席するまで係官が付いてきて確認したそうだ。

韓国と日本は国交があり、ビザなし協定も結んでいる。
それなのに、自分の気に入らないことを書く人間は入国させない。

何という対応か。国家には外国人の入国を拒否する権利があるとはいえ、
あくまで合理的な理由が必要だ。

韓国が野蛮であることは世界に知られているが、
これには怒りを通り越してあきれるだけである。

これは韓国法務省の狂気を表す実例だが、
司法部門のひどい実態を示す実例は他にもある。

今年の初め、安倍晋三首相特使の訪韓前日にソウル高裁が靖国神社放火犯の
中国送還を決め、改善を図ろうとする日本に冷水を浴びせた。

憲法裁判所が一昨年、政府の慰安婦問題「不作為」を憲法違反としたのと根っこは同じだ。
裁判所が司法を超え、政治的裁決をしているのである。

少し前には、対馬のお寺から韓国人が盗んだ仏像を
日本に返還しないという判決もあった。

裁判官や法務官僚というエリートが、
こういう世界から笑われる暴走を繰り返すのは、
韓国という国にいかに人材がいないかということの表れである。

反日教育などの偏った教育、歴史や文化のねつ造のツケが
このような形で回ってきている。

反日という呪縛により、正常な思考回路すら停止した
韓国という国には、未来はない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

行政司法

韓国の司法についてどうのこうの言う前に日本の司法、警察、検察は世界に誇れますか。村木事件、小沢一郎事件で日本の検察、司法の腐敗、不正が明らかになりましたが、それを正すような動きがありません。ほんの少数の人々が必死で活動しているのみ。大半の国民はまるで無関心。

開発孝次郎 | URL | 2013-08-03(Sat)11:37 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。