高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朝鮮戦争休戦60年

image60.jpg

朝鮮戦争休戦から60年が経過した。

北朝鮮の平壌では、いつものことながら大々的な軍事パレードが行われた。

北朝鮮では、「朝鮮戦争勝利60周年」なのだそうだ。

朝鮮戦争とは、北朝鮮の金日成政権が中国、ソ連の支持のもと、
韓国に侵略して始まった。

北朝鮮の奇襲により、韓国は、朝鮮半島の南端まで攻め込まれ、
一時は窮地に陥った。しかし、その後は米軍を中心とした国連軍の
参戦で反撃に転じ、今度は北朝鮮が中朝国境付近まで追いつめられた。

その後、戦局は一進一退となり、60年前の7月27日に、
現在の南北境界線で休戦となった。

北朝鮮は、韓国の併合に失敗し、さらに、滅亡寸前の
ピンチに陥ったところを、中国やソ連に助けられてようやく体制を維持
できたにも関わらず、「勝利」などと言っている。

これが本当の歴史のねつ造である。

韓国は、お得意の「謝罪と反省」「正しい歴史認識」要求を、
北朝鮮に対してすべきではないか?


また、韓国も「朝鮮戦争特需があったから日本は戦後復興できた」
と恩着せがましくいっているが、それは結果論であって、
日本が戦力の後方支援基地として機能したから国を守れたということを
まず最初に認め、感謝するべきではないか?

こうみると、北朝鮮も韓国もやはり同類である。

「正しい歴史認識」から最も遠いところにいるのは、
この両国であると言わざるを得ない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

東京新聞の記者はとんでもない

佐藤 圭?@tokyo_satokei
「朝鮮で奴隷狩りはなかった」という議論は、まさにガラパゴス。
海外では、連行の過程なんてどうでもいい。「だからどうだって言うんすかあ」ってな話だ。
軍が設置した慰安所(ここは異論がないところ)で女性が強制的に軍人の相手をさせられた。そこが問題なのである。それが性奴隷なのである。

佐藤 圭?@tokyo_satokei
本日(2月24日付)東京新聞こちら特報部で「慰安婦」問題を書いた。安倍首相が否定しようとしているのは、軍による朝鮮での慰安婦狩り。
具体的には吉田証言だ。でも、そんなことは海外から見ればどうでもいい。「吉田証言はウソですか。だから何なの?」って話。問題は慰安所での性奴隷化である。

佐藤 圭?@tokyo_satokei

アベノミクスの熱狂の裏で、極右傾化する自民党の実態を白日の下にさらさなければならない。それは参院選の前にやらなければならない。
「こんな極右政党でいいんですか。この党が参院選で勝ったらやりたい放題ですよ」と。


https://twitter.com/tokyo_satokei

| URL | 2013-07-29(Mon)13:31 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。