高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

韓国「知の崩壊」

韓国は世界一の学歴社会と称されるが、
そのイメージとは裏腹に“知の崩壊”が進んでいるという。

韓国人は世界一読書量の少ない国民と揶揄されていて、
韓国統計庁による調査では韓国人の40%以上が年間1冊も本を読まず、
平均読書量は5.3冊だという。

調査方法は違うが、“読書離れ”が指摘される日本人でも年間約19冊だというから
その落差は大きい。

こうした現象の大きな原因の一つが「漢字廃止」である。
1970年の春、韓国は学校で漢字を教えることをやめた。
それから40年以上経った今日では約8割の国民がハングルしか
読めなくなってしまった。

韓国のパソコンのキーボードはスペースキーの横に一応今でも
漢字変換キーがあるが、若い世代にはほとんど使われない。

韓国語の語彙は漢字由来の「漢字語」が約7割を占める。
それを表音文字であるハングルだけで表わすのだから、
日本語を平仮名だけで書くようなものだ。
よくそれで生活できるものだと驚愕せざるを得ない。

表意文字である漢字であれば、知らない熟語が出てきても意味が掴みやすいが、
ハングルではそうはいかない。

意味が分かりづらいものを簡単な言い回しに言い換えることもある。
だからどうしても幼稚な表現になり、
言い換えのできない抽象的な概念などの理解が難しくなる。

書物に漢字語がたくさん出てくると意味不明な言葉の羅列に見えるが、
ハングル専用世代はそこを読み飛ばす。
残りの文脈でなんとなく理解した気になるのである。
したがって本を読む気も失せ、読書量は激減するわけだ。

さらに恐ろしいのは文化の断絶である。
古典や史料がどんどん読めなくなり、大学の研究者たちでさえ
1960年代に自らの指導教授が書いた論文を読むことができないのだから、
問題の根はとても深い。

折に触れて漢字の復活が議論されたが、
「世界一優れた文字を守れ」と主張するハングル至上主義者たちの反対に遭い、
今や教師の世代に漢字を教えられる人材がいなくなってしまった。

自分たちの大統領である「朴槿惠」はおろか、
過去の調査では大学生の25%が「大韓民國」を漢字で書けない
とするものもあった。

「世界一優れた文字」などという根拠のない自画自賛をしている間に、
「知の崩壊」はどんどん進んでいるのである。

日本人も、支那が大嫌いだからといって漢字を使わないなどということはない。
何故なら、漢字は確かに大陸から伝来したものではあるが、
現在の日本の漢字は「日本の文化」でもあるからだ。

しかし、韓国は漢字を「自国の文化」にする能力がなかったのである。
それをハングル至上主義などという独善的思想でごまかしている。

こうした朝鮮人特有の「コンプレックスの裏返し」的思考回路は、
自国の都合の悪い課題を、何でも「反日」に結び付けて片付けてしまう性質を
よく表している。

薄っぺらいハングル的思考が、論理的、科学的歴史検証を
排除し、感情論に終始してしまっているのだ。


ノーベル賞受賞を逃す度に「日本は賞をカネで買った」と口汚く罵る声が上がるが、
そんな暇があるのなら漢字を失うことの意味を真剣に考えるべきではないだろうか。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。