高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鳩山は国外追放

またやってくれた。

鳩山元首相が25日放送された香港のフェニックステレビとの
インタビューで、沖縄県の尖閣諸島について、
「中国側から見れば(日本が)盗んだと思われても仕方がない」と述べ、
同諸島は「係争地である」との認識を示した。

中国政府は、同諸島が日清戦争末期に日本に奪われたとの立場から、
「日本が清国人から盗取した一切の地域を中華民国に返還する」
とのカイロ宣言を領有権主張の根拠としている。

鳩山は、「カイロ宣言の中に尖閣が入るという解釈は、
中国から見れば当然成り立つ話だ」と述べ、中国政府の言い分に理解を示した。

また、同諸島を巡る問題の「棚上げ」について、
「文書ではないが、41年前に周恩来首相と田中角栄首相の間で合意したのは事実だ」と主張した。

何回、国民を怒らせるのか。

一月には支那の要人と会談して「尖閣は日中間の係争地」と発言してはげいい非難を浴びた。

これが元総理大臣である。
以前の発言の時に、小野寺防衛大臣が鳩山のことを「国賊」と言ったが、
現役の閣僚が元首相を「国賊」と発言するなど過去に例はなく、
逆の言い方をすれば、それほど国益を破壊するひどい発言や行動を繰り返し
腹にすえかねたと思われる。

私も、この「国賊」との意見に同意する。

非常識を通り越して、本当に支那のスパイなのではないかとさえ思えてくる。

さらに、「そんなことは言っていない」と釈明しているが、
発言がそのままビデオに残っているのだから話にもならない。

こんな男は日本国籍を取り上げるべきである。

少なくともパスポートを無効にして、海外旅行をできないようにすべきである。

一種の禁治産者としてあつかうべきである。 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。