高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本の右傾化批判に反論する

小野寺五典防衛相は1日、シンガポールで開催中の
アジア安全保障会議の講演で、日本の「右傾化」批判に対して
「まったくの誤解だ」と反論した。

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長の従軍慰安婦問題を
巡る発言についても「安倍政権はそのような野党党首の発言や
歴史認識にくみしない」と強調した。

国際社会で広がりつつある日本の右傾化への懸念に対し、異例の釈明を行った。

小野寺防衛相は橋下市長の発言について
「日本の過去の歴史に関し、不適切な発言を繰り返し、
周辺国の誤解と不信を招いた」と正面から批判。

「安倍内閣はアジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えたという
歴史の事実を謙虚に受けとめ、痛切な反省と心からのおわびの気持ちを
表明するという歴代内閣と同じ立場を引き継いでいる」と改めて強調した。

何でこんな釈明をするのか。

地方の一首長の発言など、政府は関知しないといっておけば良いではないか。

中途半端に釈明などすると、突っ込まれる隙を与えるばかりだ。

例えば、河野談話、村山談話をどう思うのか?完全に認めるのか?

慰安婦に対する軍の関与はどうなのか?等々である。

安倍首相のこれまでの国会答弁とも照らし合わせて検証されるとは思わないのか。

その場しのぎの格好付けなど無用である。

ましてや、独立国として世界中の国がもっている防衛のための軍備や
自主憲法制定などの動きをつかまえて「右傾化」などと批判するのは
内政干渉以外の何ものでもなく、抗議するにも値しない。

近衛文麿内閣の声明よろしく、「相手にせず」である。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。