高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

冷やし・・・始めました

imageCABM444C.jpg

毎年この季節になると、「支那料理店」の店先にある貼紙がされる。

「冷し中華はじめました」

というアレだ。

ただし、大前提として我々は「中華思想」なるものを認めていないので
この貼紙は容認できない。

たかが料理名だと思うなかれ。

この「中華思想」こそが今の支那の覇権主義、帝国主義につながっているのだ。

従って、この料理は「冷やし支那そば」と呼ぶべきであろう。

ところで、その昔、予備校の漢文の講師がこんなことを言っていた。

「五目冷し中華」という言葉を知り合いの支那人に見せて、
これを支那語ではどういう意味になるか?と質問したそうだ。


その支那人はしばらく熟慮していたが、こう答えた。

五目とは周囲の人々と解釈するらしく、あえて訳すなら
「周辺の人々が皆、中国人に冷たい態度を取っている」

という意味になると。

このことを思い出し、思わず吹き出してしまった。

何十年も前のことだが、この時に支那人の言葉は、現在の支那の状況を
的確に予言していたのではないか!


日本、東トルキスタン、チベット、ベトナム、インド、パキスタン、フィリピン
などなど、挙げればきりがないが、周辺の国は皆、支那を忌み嫌っている。

アジアの鼻つまみものである。

隣人、近所、みんな支那のことが大嫌いである。

しかしこれは当然のことで、このような状況を招いたのは他ならぬ
支那自身である。

大昔の何気ない会話が現実のものとなるなんて、何とも皮肉な話である。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。