高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北が北なら南も南

北朝鮮軍兵士の集団脱走が増えている。
2月には兵士2人が上官を射殺して脱北、3月には12人が武装のまま脱北した。

支那側はこのような兵士は射殺するか強制送還するのが常だ。

軍として当然の措置ではあるが、
帰せば処刑されるのが分かりきっているのだから、
支配者に逆らえばどうなるのかという、自国民に対する見せしめにもなるだろう。

一方、米韓合同軍事演習に反発する北朝鮮は、
韓国に対して戦争状態にあると宣告し、
沖縄、横須賀、三沢の在日米軍基地に対する攻撃も警告している。

戦争だ、攻撃だ、と脅しを連発するのは笑止である。

北朝鮮がなぜこんなに躍起になるのかを考えればいい。
ひとえに、金正恩と軍幹部による支配体制を守るためである。特権を守るためである。

支配者は餓死する人民など、どうでもいいのだ。

ところが、軍の備えは貧弱だ。訓練用の石油もないから、戦闘機も飛べない。

戦車も走れない。

ミサイルが目立つので、派手に見えているだけなのだ。

弱いやつほど大声をあげて自分を大きく見せようとするわけだ。

だから、自殺に等しい戦争は考えられない。

もちろん、2010年の韓国軍艦撃沈事件や延坪島砲撃のようなことは起こりうる。
韓国軍はこれまで自制してきたが、次も黙っているかどうか。

米国だって、北のミサイル開発が米国本土を射程に
捉えるようになってきた以上、無視を決め込んでいられるかどうか。

ある程度の反撃はありうるのだ。いや、反撃すべきだ。

やりたい放題はいつまでも許してもらえるわけがない。

道理を知らない国に、最低限の常識を教えてやるのだ。

道理を知らない人間のクズに、鉄槌を喰らわせてやるのだ。


ところで、道理を知らないという点では、韓国も同様だ。

長崎県対馬の寺から盗まれた観世音菩薩坐像。

韓国警察が押収したが、これを日本に返還しないというのを
裁判所が認めたのには、開いた口がふさがらない。

もともとは朝鮮で作られたというのなら、
日本の持ち主に返した上で話し合うのが当然だろう。

盗んだものを返さないのなら、裁判所も泥棒と一味同心ではないか。

朝鮮がかつて、仏教を迫害し、仏像を破壊した歴史には眼をつむって、
何百年も大切に拝んできた日本の寺から横取りする。なんという人たちか。

歴史をきちんと見ないで、その場その場で自分縫い
都合のいいことを声高に主張する。なんという国か。

まあ竹島を盗んだという点で、国家自体が泥棒だということはとうの昔に
証明されているわけだが・・・。


日本は、大陸や朝鮮半島から伝わった文化も宗教も大切にし、
認めたうえで発展させてきた。朝鮮は日本の文化や歴史を素直に見つめたほうがいい。

一つだけ例を挙げる。朝鮮の代名詞にもなっているキムチに使う、唐辛子。

これは秀吉の朝鮮出兵の時に日本から伝わったものなのだ。

だから、最初は朝鮮で「倭芥子」と言った。
韓国でも通説だそうだが、もちろん異説もあるらしい。

「~は日本が起源ではない」ということが、研究費確保の早道なのだそうだ。
あきれるほかない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013-04-04(Thu)11:49 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。