高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

有害国家が有害物質を垂れ流す

PM.jpg

眼がかゆい、ような気がする。

3月。花粉の季節である。

私の家から近いところにも杉の人工林がいっぱいあるので、
シーズンにはひどいことになる。

大げさでなく、目玉を引っ張り出して、
たわしでごしごし洗うことが出来たらどんなにいいことか。

そこへ持ってきて、黄砂だ。
雪が消え始めるころに支那から飛んでくる。

昔は気にもならなかった。ニュースで見ても、北九州あたりのことだと思っていた。

この辺で目立ちだしたのはこの数年だ。
車の屋根に積もるようになった。なぜなのか。黄河の流域の荒廃、砂漠化がそれだけ進んでいるのだろう。

さらに 腹立たしいのがPM2.5である。

黄砂も健康に悪影響を与えるが、PM2.5は桁違いのようだ。


ウイルスより小さいというのでは、どんな被害が出るのか見当もつかない。

昼でも暗い北京の映像を見ていると、この世の終わりのようである。

支那の無責任体制が生んだ鬼っこだ。

もちろん支那人が健康被害にあってすむ話なら、なにもいう必要はあるまい。

それが偏西風にのって黄砂と同じように日本へ飛んでくるのだ。

これは公害の侵略である。

日本の社会で、隣人がこんな公害物質を生成させて隣家に飛ばせば、犯罪的といえる。
国家による犯罪ではないか。

日本は、福島の放射能が大気中に放出されたことで
WHO総会の場などで世界に謝罪した。支那はどうするのか。

支那人の間で、PM2.5を防ぐ空気清浄機で信頼性が高いのは
日本製というのだから、漫画である。

アメリカ経済を劇的に好転させつつあるシェールガス。
このシェールガスは支那の奥地にも大量に眠っているという報道があった。

ところが、シェールガスの採掘には大量の水が必要だ。
よく知られているように、支那は飲み水さえ足りない水不足に悩んでいる。

これも、やりたい放題やらせた政治の結果である。

資源がありながら採掘できないのだ。たぶん、永遠に無理だろう。

支那よ。因果応報。反省せよ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。