高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

竹島の日 記念式典に思う

PN2013022201001559_-_-_CI0003.jpg

2月22日は竹島の日ということで記念式典が開催され、政府首脳も出席した。

自国の領土を敵国に不法に占領されている状態は、
非常に憂慮すべき事態であり、国内でも奪還の機運を盛り上げていかねばなるまい。

ところが、その式典に韓国がクレームをつけてきた。
「中止しろ」「報復措置も辞さない」などと恫喝も行っている。

これは重大な内政干渉である。

領土問題では通常は実行支配している側は、
あまり騒ぎ立てないというのが通例であるが、
感情的な国民性もあり、このような非常識な言動に走っている。

とにかく韓国という国は異常である。
「竹島の歌」などというものを国民全員に教え込み、
さらにわずか0.23平方キロメートルの狭い島を観光地化までする。

これはコンプレックスの裏返しである。

韓国という国は、千年もの間、支那の属国であり、屈辱的な待遇に甘んじてきた。

そしてその後やっと独立したのであるが、これも自分たちで勝ち取ったものではなく、
日本のおかげによるものである。

大東亜戦争後も、連合国軍側から、独立と領土を「与えられた」。

要は自分たちで勝ち取った領土というものがない。
これが韓国人の最大のコンプレックスなのである。

そのコンプレックスを払拭するために政治的に
利用されているのが島根県の竹島である。


李承晩ライン設定という侵略行為により竹島を侵略し、奪取した。
面積は小さいがこの島は、無力で無能な韓国人の心の支えなのである。

しかしながら、このような違法行為による占有が認められるわけはない。

自分たちの無力さを棚に上げて、コンプレックス解消のために
侵略行為という暴挙に出た代償はしっかりと償ってもらう必要がある。

日本固有の領土、竹島奪還に向けた動きは、すでに至るところで動き出しているのである。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。