高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本固有の領土は死んでも守る決意

plt1302052032006-p3.jpg

沖縄県・尖閣諸島周辺の海域で、ついに支那海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦に
射撃管制用のレーダーを照射した。これは大変危険な行為であり、我が国攻撃、
侵略行為と理解すべきである。

日本に対しては「曳光弾で警告射撃を1発でも行えばそれは開戦を意味する」
などという挑発的な言動を繰り返しているが、結局は同じような行為を支那
からやってきたということだ。

野蛮であり、将来のことを考えない愚かな民族であるので、すぐにそういった暴挙に
でるのであろうが、日本は断固として阻止、防衛しつつもしっかりと筋道をたてた
戦略により、この状況を打破すべきである。

現状では日本海軍(海上自衛隊)は、支那海軍の戦力を大きく上回っている。

しかも人民解放軍のほとんどは陸軍であり、海洋国家日本は、古くは元寇の時代から
受け継がれてきた海洋戦争においては、騎馬民族の騎馬戦と同じくらい、
その強みがDNAとして受け継がれているである。

外交上は、このように支那をエスカレートさせて、支那の侵略行為を国際世論に
訴えかけるということも重要である。挑発に乗って防衛発動ということも緊急時には
もちろんありえるが、そうすると国際社会からは領土をめぐる局地的紛争という見方を
されてしまう。それは支那の思うつぼであり避けるべきであろう。


とにかく、我々大和民族は、固有の領土に対しては、
死をも覚悟してその防衛に努め、絶対に、何があっても、
一歩たりとも譲歩しないという姿勢は、未来永劫変わらない
のである。


覇権国家支那、人権無視国家支那、帝国主義国家支那、国際テロ国家支那
国際社会の粗大ゴミ支那がなくなるまで、私たち日本人は戦う覚悟である。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。