高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

学校週6日制と教育改革を

san_sk220130116520view_thum500.jpg

自民党政権になってから、「学校週6日制」の検討が
本格的に開始されている。

元々今の社会人世代のほとんどは、学校は週6日が
常識であった時代に育っているので、全く違和感などないが、
例によって日教組はじめ左翼系勢力は、
「休日を減らしても学力向上につながるとは限らない」
「家族と過ごす時間が減る」などと屁理屈をこねて無駄な抵抗をしている。

ちなみに私の上の息子は地元の公立小学校へ通っているが、
土曜日にだらだら家で過ごされるくらいなら、
どんどん学校へ行って勉強してもらいたい。

もちろん、日教組による反日教育ではなく、
正しい教育がなされるということが大前提ではあるのだが。


2002年に完全週休2日制になって以降、日本の教育は一層崩壊した。
教育熱心な家庭の子供は塾や習い事に行き、
結局実質的には週休1日でかわっていないのに対し、
放任主義や、塾に通わせるほど裕福でない家庭の子供は、
コンビニやゲーセンでたむろしている時間が増えただけだ。

要は個々の格差も大きくなったのである。

このような日教組のなすがままの教育制度を継続していたら、
ただでさえ低下している日本の子供の学力は低下する一方である。

日本は資源がないかわりに先端技術の開発など、
頭脳・技術立国として発展してきた。

子供の学力の低下はそういった国際競争力を削ぐものであり、
阻止しなければならない。

そのための真の教育改革が、今求められているのである。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。