高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鳩山は一体どこまで国益を破壊するのか

chn13011720080008-n1.jpg


これほど国益を顧みないで、自分勝手に行動する元国会議員
が、かつていたであろうか?


支那を訪問した鳩山由紀夫元首相は、北京で全国政治協商会議主席や外相らと会見し、
尖閣諸島が領有権を巡る「係争地」であるとの認識を伝へたと述べた。

さらには南京市にある「南京大虐殺記念館」を訪問し、謝罪の弁を述べ献花した。

一民間人にもかかわらず要人を気取り、現日本政府の立場を真っ向から否定する。
これではまるで「反政府運動の活動家」である。

民間人であれば、仮に支那へ行ったとしても単なる旅行者である。

習政権に持ち上げられ、いいように利用され、支那に都合のいい発言をして
言質を与える。まったく滑稽であり、憐れであるが、同時に失格であったとはいえ
元首相であるという事実は消えないので、支那はこの行動をプロパガンダとして
おおいに利用するであろう。

このような人物が一時でも日本国の最高権力者であったことは、日本国の歴史上
の大きな汚点である。

先日ある事件に関して海外に逃亡した人物に関して、「旅券返納命令」というものが
だされたが、鳩山由紀夫にも「旅券返納命令」を出し、二度と国益を損なうような
外国訪問ができないように早急に措置を取るべきである。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。