高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

戦争準備の支那軍は戦知らぬへタレ集団

4e77fd54.jpg

時事通信によると、支那が戦争への備えを一層強化しているようである。

中国人民解放軍総参謀部が2013年の軍事訓練に関して
「戦争にしっかり備えよ」と全軍に指示していたことが分かった。
14日付の軍機関紙・解放軍報が一面トップで伝えた。

沖縄県・尖閣諸島や南シナ海などの問題を念頭に、軍事衝突も想定して、
軍の準備を加速させる狙いがあるとみられる。

解放軍報によると、軍事訓練に関する指示は、習近平・中央軍事委員会主席
(共産党総書記)の重要指示に基づいて作成。

「戦争思想を強化し、危機意識を高めよ」「戦争にしっかり備え、
実戦の必要性から出発し、部隊を厳しく訓練せよ」「戦争能力を高めよ」などと指示している。 


らしい。まあ、好きにすれば良いが、一つ言えるのは、支那の人民解放軍というのは、
世界でも有数の「へタレ」集団だということだ。

まず、国際的な戦争について実戦経験がない。
人民解放軍が勝利したというのは、国共内戦というもともとの内輪モメや、
ウイグル侵攻という名の弱いものいじめなどを高々と喧伝しているだけであって、
本格的に命を賭して戦ったことなど皆無なのである。

そもそも、「超個人主義」の中国では、「命を賭して戦う」などということは
ありえない。「自分さえ良ければ」「なんとか自分は助かろう」という人間が
兵士をやっているのである。

帝国皇軍のように、強靭な意志と忠誠など、望むべくもない。

現代戦争は、コンピューター戦争などと言われているが、実は
いくら最新兵器を使おうが、コンピューターでシュミレーションしようが
実際の戦果は本当に分からないという。

それは、最新兵器がものを言う近代戦においても、
兵士のモチベーションやスキルが
いまだに戦果に与える影響が大きすぎて、
不確定要素となっているからだそうだ。


ちなみに自衛隊員のスキルは、国際軍事シンクタンクの調査でも
かなり高位に位置付けられている。

その逆、人民解放軍のへタレぶりはすさまじい。

一人っ子政策の弊害で、大切な一人息子の跡取りを危険な任務に就かせないよう
冗談ではなく親からクレームがくるそうだ(笑)

こんな軍隊はいくら金にものを言わして装備を固めようが、
幼稚園児が高度な危機を操るようなもので、笑止千万である。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。