高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自主憲法制定を急げ

photo_35.jpg


3年あまりの民主党政権が日本をダメにしたとは、昨年末の総選挙の時に
さんざん言われたフレーズであるが、これは厳密に言うと正確ではない。

日本は民主党が政権をとる前から既に政治経済ともに良くない状況にあり、
それを民主党の失政が追い討ちをかけ、壊滅的、危機的状況に追い込んだのである。

では日本を凋落させたのは誰か?
自民党?官僚?マスコミ?日教組?

それぞれに責任はあるが、突き詰めていくと、現行の「日本国憲法」の
存在によるところが大きい。

戦後連合軍により日本を弱体化するために押し付けられた「占領憲法」は
日本の独立性を奪い、そして実態と乖離し多くの矛盾を持つものである。
また、改正には事実上不可能なほどの高いハードルを課されて、
半永久的に日本を属国にするようにしたのである。

そもそも占領下での憲法改正などは、国際法上認められておらず、
ハーグ条約でも、戦勝国は「現状の法律を最大限尊重」
しなければならないと明記している。

このような憲法が認められるはずはないし、百歩譲っても
サンフランシスコ講和条約締結後速やかに「自主憲法」を
制定すべきであったのである。

しかし時の政権は経済偏重政策をとり、この問題にあえて触れることを避けた。

そして現在の世界情勢、アジアの軍事均衡をみても完全にナンセンスな憲法が
未だ生きているのである。幕末に結ばされたいわゆる「不平等条約」も必死の努力
をして30数年で解消したというのに、戦後の不平等条約と言ってもよい
日本国憲法が60年以上そのままで放置されているというのは
全く異常な事態といわざるを得ない。

世の中には「護憲派」などという勢力が、「憲法9条は美しい」
「世界に誇る日本の財産」などと叫んでいるが、
現実と乖離し、形骸化した法律のどこが誇らしいというのか?

しかも、他国から押し付けられたものである。

現在支那が平然と領海、領空侵犯を繰り返しているのも、
現行憲法では日本が何もできないことを知った上での確信犯であり、
現行憲法はもはや日本の国益にそぐわないものでしかない。

憲法も法律の一つである。時代や世界情勢の変化によって変えることすら
実質的に否定されていては、それはもう民主主義が機能しているとは言い難い。



一刻も早く、現行憲法を破棄し、日本国民の手による、
時代に即した新しい「日本国憲法」の制定に着手することが、
現政権に期待されているのである
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。