高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

それでも支那に媚びる民主党

image.jpg

民主党の代表選で海江田万里が新代表に選出された。

火中の栗を誰も拾いたくないとばかりに、岡田、前原などが出馬を見送る中、
馬淵澄夫に圧勝しての選出であったが、その大きな要因は、
参院民主党のガン、日教組代表の輿石東の後押しと言われる。

このような人物の影響力の傘の下で選ばれた新代表が、
民主党を健全な政党に生まれかえらせることなど到底期待できないであろう。

それを何よりも表したのが、海江田は新代表の抱負を、
自作の「漢詩」で披露したというエピソードだ。

わざわざ支那由来の「漢詩」を持ち出す。

なぜ和歌ではないのか?

海江田は党内でも有数の新支那派なのである。

海江田万里の「万里」という名前は、「万里の長城」からとって
付けられたというから、それは筋金入りだ。

もちろん名前は親が付けたのだろうが支那寄りの思想
植えつけられる教育をされてきたことは想像に難くない。

民主党は、今は日本国家の領土と主権が脅かされている
「有事」であるという認識を持ち、国益のためには是々非々で
政権に協力する健全な野党として生まれ変われることができれば、
次回の参院選でも多少の信頼回復ができ、真の議会制民主主義が定着するだろう。

そのためには、未だ生き残っている親支那派や在日帰化議員など、
国益を損ねる勢力を一掃する覚悟が必要である。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。