高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

支那の環境テロを許すな!

毒性が報告されているレアメタルが中国大陸から飛来・蓄積していることが判明

東北大学と愛媛大学の研究チームは、八幡平の山岳湖沼において、アンチモン
(Sb)やインジウム(In)などこれまで耳慣れなかった微量金属(レアメタル)が
中国大陸から大気降下物として飛来し、その蓄積速度がここ30年間で急激に増加
していることがわかった、と発表した。
→続きを読む http://nls.kankyo-business.jp/c/awcNadr37bch8qac



レアメタルは、精密機器等の工業製品には欠かせない資源であり、
日本メーカーも輸入先を分散させる動きもみせているが、今時点では
相変わらず支那からの輸入に多くを頼っているのが現状である。

2010年の尖閣諸島沖漁船衝突事件の際には、支那はこのレアメタルの
日本への輸出規制を行い、実質的な経済制裁という暴挙を冒した。

レアメタルは支那にとっては外交カードのひとつであり、日本へ出し惜しみして
その存在を誇示しているわけであるが、頼みもしない形で上記のように日本に
勝手に飛来しているようである。

資源としては出し渋るくせに、害悪、環境破壊物質という形では何ら対策を
打たず周辺国に迷惑をかける。これが支那である。

同じく日本に大量に飛来する黄砂にも有毒物質が含まれているというし、
この国の常識のなさ、自分勝手さには呆れるばかりだ。

低俗な漢民族に地球社会の一員という自覚を持てというのは、山猿に税金を納めろという
くらい期待できないものだとはわかってはいるが、周辺国は断固とした防止策を
支那に求めていかねばなるまい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。