高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

瀕死の韓国観光業界

韓国の観光業界がいよいよ最後の
断末魔を発している。

ぼったくりやサービスの質の悪さは
もちろんだが、円安もその要因の一つだという。

2015年1~4月に日本を訪れた外国人旅行客は
589万人に達し、韓国を訪れた外国人旅行客を130万人も上回っている。

韓国の数字はトランジットも含むというお得意の「捏造」込みの
数値だから、その格差は実際にはもっと大きいと推察される。

円安で日本での滞在費用は割安感も増し、
支那人が大好きなブランド品の買い物も、
韓国で買うより日本で買うほうが安いのだそうだ。

もっとも、支那人など、日本に来なくてよいのだが、
今回は、それはさておくとして、観光立国を進めてきた
韓国の政策は完全に失敗に終わったということだ。

韓国の旅行業界はもはや風前の灯である。

これも当然のことで、歴史資産や富士山のような名勝、
そして温泉など、観光資源の量と質が、日本と韓国では
違いすぎる。

それを今まで、免税店の拡大だけで無理やり
自国に呼び寄せていただけなのだ。
続かないのは自明の理だ。

観光資源も無く、土産物もウォン高のせいで割高、
そしてホスピタリティも最悪の韓国などに、
一体誰が好き好んで旅行に行くというのか。

考えるまでもない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。