高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

絶対に許せない支那の暴挙

支那が海洋進出を強める南シナ海で米軍哨戒機が
支那軍から警告を受け、両者の対立が高まっている。

この映像は、ニュースでも取り上げられている。
南シナ海スプラトリー諸島で、支那が浅瀬を埋め立てた
人工島に滑走路を建設しているとみられる様子を映している。

その中には、哨戒機が中国海軍から無線で警告を受けた
やり取りもあり、支那側が「われわれの軍事区域に接近している。
速やかに退去しなさい」と警告し、アメリカ側が
「われわれは公海の上空で、国際法に基づいて活動している」
と応酬している様子が映っている。

支那の南シナ海での軍事行動は、目に余る。

ベトナム、フィリピンなどが猛反発しているが、
その両国と支那の軍事力の差は、悲しいかな
くらべものにならないのが現実だ。

支那当局は、日本を名指しで、
「戦後秩序への挑戦」などと批判しているが
支那のこのような行為こそが、まさに
戦後秩序や平和を脅かしているのだ。

国際社会あげて強く非難するべきだ。

米軍に対しても今回のような威嚇行為が
行われたということは、アメリカも面子にかかわる。

東南アジア諸国とそれを支援する国々が連携して、
南シナ海での支那の海洋進出という侵略行為に対する包囲網を形成し、
阻止しなければならない。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。