高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

AIIBに屈したヨーロッパ諸国

支那が主導して設立するAIIB(アジアインフラ投資銀行)の
創設メンバー57カ国が初めて参加する会議が、
27日から北京で開催されている。

会議では6月中の協定署名に向けて、
銀行の組織や規則などについて、
話し合いが行われる見通しだという。

このAIIB、銀行とは名ばかりであり、
実態は支那の集金マシーンである。

日本政府が不参加を即断したのは
当然のことだ。

支那がその経済力にものを言わせ、
各国に参加という「踏み絵」を踏ませているが、
企業の開示のルールや経営の透明性などが
ろくに整備されていない支那が仮にも国際金融機関を
牛耳ることは非常に危険なことである。

経済指標は嘘八百、金融機関のいわゆる「理財商品」の
デフォルトも政府による実質補填によって
隠蔽に近いことをしているのだ。
信用できるはずがない。

支那の自転車操業にこの銀行が組み込まれ、
それが破綻したときには、
リーマンショック、より深刻な
AIIBショックが世界恐慌を引き起こしても
何ら不思議はない。

そのようなことを知りつつ、
イギリスやドイツなどのヨーロッパ諸国は
支那の「金の力」に屈したわけだ。
恥も外聞もあったものではない。

ヨーロッパ経済はそれだけ深刻な状況であることの
裏返しでもあるのだろう。

しかし、その一時のカンフル剤に飛びついた
代償は、計り知れないほど大きなものになるだろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。