高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

韓国人の「おもてなし」

日本に来る外国人観光客の多くが、
そのホスピタリティの高さに感激するというが、
韓国では、とんだ「おもてなし」が横行しているようだ。

昨年、ソウルを訪れた台湾人の某氏は、
明洞の化粧品店に入ったが、大きな侮辱を受けた。

マスクパックを配っているという呼び込みに誘われて、店を見回してから
出ていこうとした瞬間、店員がいきなり「パックを貰おうとして入ってきたのか」
と鋭く怒鳴った。某氏は呆れて返事もできなかった。


香港の某氏は午前3時頃、東大門からタクシーに乗って、
「弘大に行ってほしい」と言った。

運転手はいきなり「4万ウォンくれ」と言った。

「メーターの電源を入れてほしい」と言うと、
運転手は「4万ウォンの距離で走っていく」と無理やり押し切った。

某氏が「警察を呼ぶ」と言うと、運転手は「3万ウォンだけ出せ」と言った。

結局、彼は3万ウォンをタクシーに支払った。

年間外国人観光客1000万人時代、訪韓​​客の間で、
「ソウル見物に行ったら5回後頭部を殴られる」という言葉が出ている。

明洞の呼び込み、東大門の違法タクシーだけでなく、
弘大周辺の不法ゲストハウス、梨泰院の偽物商品、南大門ボッタクリなどが代表的である。

外国人を相手にした「アグリーコリアン」の不法行為があちこちで横行している。

8日、韓国観光公社が公開した「2010~2014年の苦情受付現況」によると、
昨年の外国人観光客の苦情件数は、前年比4.2%増の1154件を記録した。

韓国では、観光客をぼったくりの対象としか見ていない。

「二度と行かない」という人が多いのもうなずける。

従来は日本人に対するぼったくりが多かったが、
これは、反日というよりは「日本人は金持ち」という意識があるから、
少しくらい多くもらっても構わないだろうという考えが、
根底にあったと思われる。

しかし、最近は他のアジア諸国の観光客からも
ぼったくりが横行している。

すなわち、韓国の経済的地位が、相対的に低下しているのだ。
経済不振、国民の貧困率の高さなどは深刻な問題となっている。

2030年までに、国家財政が破綻するという金融機関の予測もある。

アジアで韓国より貧乏な国は、北朝鮮だけという時代も
そう遠くないかもしれない。

しかし、だからと言って、観光客からぼったくって
良い理由など何一つない。
リピーターが減って困るのは自分たちだ。

まさに、貧すれば鈍す。韓国の悪循環は終わる気配はない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。