高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「爆買い」に走る支那人

金を持った支那人が世界各地で、
高額品から日用品まで金に糸目をつけず買いあさっている。

この現象を「爆買い」などとメディアでは報道されている。

日本語としては全くおかしいが、その買いっぷりを見ると
なるほどとも思えてしまう。

買い方に品がないし、その品物に対する
特別な思い入れもあるように見えない。

とにかく、金があるから買う。
何が悪いのか?と言わんばかりである。

先日の支那の大型連休では、多くの観光客が
来日したが、日本で買い物に使った総額は、
1000億円とも言われている。

免税とは言っても、その収益は回りまわって
企業の利益となり、その一部は税金となって
日本の国庫に納まる。

そしてその一部は、尖閣諸島の防衛や護衛艦などに化ける。

そういう意味では、「爆買い」は気分は悪いが、
愚かな支那人が日本に貢いでいると思えば
多少は大目に見てやろうかとも思えてくる。

だが、香港ではそうはなっていないようだ。

年間数千万人の支那人が大陸から押し寄せ、
不動産から日用品まで買い散らかしている。

その結果、香港の物価が高騰し、
庶民の日々の暮らしまで圧迫しているという。
ドラッグストアやスーパーなどでも支那人の
爆買いに起因する欠品が相次いでいるらしい。

それに怒ったのが香港市民だ。
支那人の爆買いに反対するデモや、
買い物中の支那人観光客を取り囲んで
吊るし上げるなどの行為が頻発している。

その模様がテレビで放映されていたが、
多くの香港の(おそらく裕福でない)若者たちが
支那人の中年女性を取り囲んで、責め立てている。
まさにヘイトスピーチだ。

それに怒った支那人は、
「同じ中国人なのに、同胞をいじめて最低だわ」と叫んだ。
すると香港の若者は、間髪入れず、
「俺たちは中国人じゃない。香港人だ」と返した。

香港は何十年もの間、大陸に比べて格段に裕福だった。
それが今や逆転され、プライドが傷ついているのだろう。

なぜ、格下の大陸人が、俺たちの街に来て我が物顔で
買い漁っているのだ、という不満が爆発しているのだ。

いや、香港と支那だけではない。支那の中での格差問題も
深刻であり、不満がいつ爆発するかわからない状態だ。
支那が内部から崩壊するカウントダウンは、
もう始まっている。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。