高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

狂人プーチンは世界の敵

ロシアのプーチン大統領が世界を脅しにかかった。

15日に国営テレビが放映した特別番組のインタビューで、
昨年2月のウクライナ政変の際、
「核兵器使用の準備をするように」と
軍に指示していたことを明かしたのだ。
 
プーチンは「ロシア人が住む歴史的領土が危険に
さらされているのを放っておくことはできない」と強調し、
ウクライナで親ロシアの政権が崩壊して親欧米派が
政権を掌握した場合は、核使用を念頭に置いていたことに言及した。

クリミア編入に際し、ロシア軍2万人以上を動員し、
大量の地対空ミサイルなどで半島を要塞化したことも明かした。

場合によっては核兵器を使用することもためらわなかったというのだ。

ロシアは世界一の核保有国である。1万3千発以上の
核弾頭を持っていることを公表している。

一瞬にして世界を壊滅させることが出来るのだ。

それが嫌なら領土強奪に文句を言うなという訳だ。

全人類を相手に死か服従かを迫る。
これ以上のひどい脅迫があるだろうか。

1人の権力者の狂気が暴走すれば、
人類の歴史は一瞬にして消え去り、
地球は生命体が住めない灰となる。

なんと愚かなことだろうか。

プーチンは同時に、1年前にはロシア軍の介入を
否定していたのに、実際は介入していたと自ら認めたことになる。

さらに「クリミアの住民投票の結果を受けて
編入を決めたと」いう従来の説明も撤回した。

自分は嘘つきだと平気で認める国家指導者は極めて珍しい。
KGBという暗殺や謀略の専門機関の出身者だから、
よけい何を考えているのかわからない男だ。

ドイツのメルケル首相はプーチンを評して
「彼は我々とは別の世界に住んでいる」
とかつて語ったが、その通りである。

そのプーチンに媚を売って「クリミア編入は民主的な
住民投票で決まった」と語った鳩山元首相は、これをどう説明するのか。

北方領土もロシア人の投票で決めればいい、とでもいうのだろうか。

外務省はシリアに行くジャーナリストに旅券を
返納させるのであれば、この男にも返納させなければいけない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。