高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

財閥が国を滅ぼす韓国

財閥ロッテグループが運営し、昨年10月に一部開業した
複合商業施設「第2ロッテワールド」(ソウル市)が、
いきなり苦難に直面している。

相次ぐ施設の事故やトラブルの影響で客足が激減しているのだ。

すべてが完成すれば、韓国で最も高い地上123階建て(555メートル)の
超高層ビルになる予定だが、その安全性には疑問の声が上がっている。

これまでに、天井のインテリアが職員の頭に直撃する事故が
発生したほか、フードコートの床がひび割れたり、
水族館の大型水槽の水中トンネルでの水漏れ、
映画館の震動などが起きた。

昨年12月には8階のコンサートホールで作業員の死亡事故が起き、
ソウル市は映画館、水族館の一時営業停止を命じている。

セウォル号の事件といい、大韓航空といい、この国の
企業には安全という意識は無いらしい。

やることすべてが無茶苦茶。
まともではない。

韓国という国の構造が異常で、癒着と既得権益で
財閥が好き勝手に国を食い散らかした。

その結果、数々の人災が起きている。

韓国という国がどうなろうと知ったことではないが、
日本に対して文句を言う前に、まず自国の問題点と
向き合うべきだ。

もっとも、それができないから、
あえて「反日」というまやかしで、
国民の目をごまかしているのだろうが・・・。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。