高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国賊民主党に未来なし

海江田万里代表の後任を選ぶ民主党代表選は18日、
東京都内のホテルで開かれた臨時党大会で投開票され、
岡田克也代表代行が細野豪志元幹事長と
長妻昭元厚生労働相を破って新代表に選出された。

事前に行われた党員・サポーターと地方議員の投票結果は、
細野氏202ポイント、岡田氏199ポイント、長妻氏94ポイント。
党所属の衆参両院議員と次期参院選の公認内定者の
投票結果は細野氏96ポイント、岡田氏95ポイント、長妻氏74ポイント。

合計で298ポイントを獲得した細野氏が1位、294ポイントの岡田氏が2位、
168ポイントの長妻氏が3位となり、見事に三分裂。

社会主義者から似非右翼までが入り乱れるこの党らしい結果である。

決選投票は国会議員と公認内定者によって行われ
、岡田氏が133ポイントを獲得し、細野氏の120ポイントを上回った。

一応は野党第一党である。先に行われた総選挙では、
比例区で自民党の33%に次ぐ18%を獲得している。

詐欺商法のお先棒をかついで話題になり、
小選挙区で落選した以外は存在感ゼロだった前代表に比べれば、
だれが代表になっても普通なら期待感がもたれるものだが、
選挙戦はほとんど注目も期待もされないままに終わった。

何故なのか。

反省がないからである。

鳩山、菅、野田と三代三年間の政権はどれほど
国家国民に被害をもたらしたのか。いまだに何の総括もない。

今回の投票直前の演説で、岡田氏は「民主党は国民の信頼を
得られていない。このままでは死んでも死にきれない」と訴えていたが、

認識が甘すぎる。信頼が得られていないどころではなくて、
多くの国民が「あの三年間の損害をどうしてくれるのか。ふざけるな」と
今も怒っているのだ。不信感ではない。怒りに燃えているのだ。

経済、防衛、エネルギー、財政、社会保障。

結局は引っ掻き回しただけった。

権力を握った子供のような喧嘩と内輪もめを繰り返しただけだった。

党首が代わっても、民主党の展望は開けないだろう。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。