高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

韓国人による対馬の仏像窃盗

案の定、またやった。韓国人の仏像泥棒である。

韓国人の男らが24日、対馬の寺から銅製の仏像を盗んだ。

仏像は高さ約11センチの「誕生仏」で、対馬市指定の有形文化財。
24日午後2時ごろ、対馬南署に住職から通報があった。

2012年には対馬市の神社と寺から盗まれた仏像2体が韓国に持ち込まれた。
うち1体の県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」について、
韓国中部の大田地裁が翌年2月、日本への返還を差し止める仮処分を決定した。

仏像は未だに返還されていないのだ。
よその国のものを盗んできて返さないというのであれば、
国ぐるみで泥棒を奨励しているようなものである。

こういう国に、国際常識を説いても、もはや無駄である。
今後は二つのことを徹底すべきであろう。

一つは、厳罰である。

窃盗、器物損壊、不法侵入など刑法上の該当法規をすべて
適用して最大限の刑罰を与えなければならない。

二つ目は入出国管理の厳格化である。

韓国人の対馬への入島は年間18万人にも達しており、
地元の人たちはそのマナーの悪さに辟易しているというが、
観光収入を無下にするわけにもいかず、悩ましいそうだ。

それならば、出国の際に荷物検査を厳重に行わなければいけない。
政府と司法当局は甘い顔を見せてはならない。厳しく対応していただきたい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。