高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小笠原のサンゴ密漁問題

支那漁船群による小笠原のサンゴ密漁だが、
日本側が抗議しても、一向にやむ気配はない。

支那当局は、「適正に対処する」という通り一遍の
回答をするだけで、まったく誠意ある対応は期待できない。

というより、これには支那当局が裏で糸を引いているという
事情があると考えるほうが自然であろう。

関係者によると、いくら高値で売れるサンゴでも、
あれだけの数で出船して、支那から小笠原にまで
来ると、燃料費などで赤字になってしまう可能性も
かなりあるという。

とすると、別な目的を疑わざるを得ない。

尖閣周辺の警備に注力している日本に対し、
それ以外の島嶼防衛の対応力を試しているという
見方をする向きもある。

尖閣以外の離島、特に無人島に漁民に偽装した
乗組員が上陸した場合など、日本は適切に
対処できるのか不安要素は尽きない。

日本は世界第6番目の排他的経済水域を持つ
海洋大国であるが、それは同時に守るべき
海洋面積も大きいということになる。

海上警備の重要性を再度認識し、
集中的に予算をつぎ込んで徹底すべきである。

社会福祉が重要でないとは言わないが、
それよりも国土を守ることのほうがはるかに
重要である。

政府は、日本の領海には支那の漁船1隻たりとも
入れさせない、という強い気構えをもって島嶼防衛に
取り組んでいただきたいと思う。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。