高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

広島・長崎の悲劇を揶揄する韓国

被爆から69年目の夏を迎えている。

広島・長崎の両市では先日
「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」が営まれた。

有史以来最大にして最も非人道的な民間人の大量虐殺
である原爆投下という悲劇に、
心を痛めない日本人はいないだろう。

しかしながら、韓国では事情が違うようだ。

多くのK-POPグループや歌手が、
プロモーションビデオや歌詞で、
原爆を軽々しく悪ふざけに使っている。

それらは見聞きに耐えない。

韓国の新人女性アイドルグループ「RES VELVET」のPVでは、
広島への原爆投下に関する演出があった。

また原爆投下を揶揄するような表現も見られたという。

このグループは、今後日本デビューもにらんだ戦略もあったというから、
尚更驚きだ。一体どういう頭の構造をしているのか・・・。

残念ながら、これは氷山の一角だ。

RAINというグループのPVには、
きのこ雲が唐突に登場し、原爆ドームらしき建造物の前で
本人が踊るという演出が日本人の神経を逆なでした。

G-MASTAの「東京はわが領土」という曲には、
「独島(竹島)を欲しがるチョッパリ野郎(日本人の蔑称)、
原子爆弾を食らえ」という歌詞。

また、親日派の人間を公開処刑したり、
日の丸を焼くといった日本人は目を覆いたくなるような演出もあるという。

これらの表現は、原爆の犠牲になった何の罪も無い人々を
冒涜するものであり、絶対に許すことはできない。


反日が行き過ぎ、K-POPは日本ではもはや絶滅寸前、
テレビで見ることもほとんどないが、
韓国内では「なぜ日本で売れなくなっているのか?」と
本気で不思議がっている音楽関係者もいるという。

韓国人の頭の中を一度覗いて見たいものである。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014-08-17(Sun)19:17 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。