高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朝日新聞が慰安婦記事を撤回

朝日新聞が慰安婦問題の報道について、
虚構だったことを認め、記事を取り消した。

大手の新聞が誤報を認め、記事を取り消すというのは
異例なことである。

朝日新聞が報道機関としての最低限の良識は持っていた
ことには安堵したが、それで一件落着となるほど
この問題は単純ではない。

慰安婦を「強制連行した」という吉田清治という詐話師の
真偽が確認できない証言をこれまで訂正せず、
虚偽の事実を独り歩きさせた罪は大きい。

また、慰安婦と工場などに動員された「女子挺身隊」
と混同した記事もあり、これが全くの別物であることは
「常識」であり、そのような記事を書き流した
記者の能力不足は憂慮すべきである。

この問題は単なる報道機関のミスでした、
ということでは済まされない。


この朝日の一大キャンペーンが
「河野談話」のきっかけの一つとなり、
また、韓国に格好の「ゆすりのネタ」を提供したのである。

国益に与えた影響の深刻さは図りしれない。

軍による強制連行などという事実無根の
記事により、国家に多大なる損害を与えた。

慰安婦の問題はもはや訂正記事などでは
どうにもならず、韓国のプロパガンダによって
世界中に捏造された事実が広まり、
回復することは非常に困難だ。

朝日新聞は歴史ある国民のための新聞ではないのか。

主張が違うこと自体は意見の多様性という点からも、
容認はできる。


しかし、その主張を正当化するために
事実を捻じ曲げるような新聞は
もはや報道機関とは言えない。

ゴシップを垂れ流す三流週刊誌と、何ら変わらない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。