高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

舛添都知事の訪韓

先日、ソウルを訪問し韓国の朴槿恵
と会談した舛添要一都知事に批判が殺到している。

朴大統領から歴史問題を切り出されるも低姿勢でうなずき、
ソウル大学の講演では「90%以上の都民は韓国が好き」
と根拠不明な発言をするなどの言動に対する批判だ。

都庁には抗議の電話が殺到したという。

冷え込んだ日韓関係で、日本が一方的に折れ、
擦り寄るかのような行動は、
外交関係で大マイナスとなる。

現に安倍総理は「対話のドアは開いている」と言い続けている。
そんな中、世界最大級の都市である東京の首長が、
わざわざ出掛けて行き、外交行為を行ったわけだ。
総理の面子も丸つぶれだ。

今の韓国の国内事情は最悪の状態と言える。
沈没船事故やその事後処理のずさんさで、
朴の支持率も急落し、サムスンの業績不振で
国内経済も深刻な状況だ。

そんな状況で、わざわざ舛添都知事は平昌五輪への協力と、
都営地下鉄の安全対策システムの技術提供を約束してきました。
頼まれてもいないのに「救いの手」を差し伸べたことになる。

反日の姿勢を崩さない朴に引導を渡すならともかく、
敵に塩を送る愚行だ。

恩を仇で返す韓国にこれ以上何をやっても無駄だ。

この国とは一切関わらない。
これが、日本がとりうる唯一にして最適な政策である。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。