高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

支那の論理なき領土主張

海洋進出と領土拡大を強引に推し進める支那。

自衛隊機に対して異常接近を繰り返し、
挙句に自衛隊機の方が先に異常接近したなどというでっち上げを高言した。

彼らが示した写真は明らかに無理に引き延ばしたもので、
撮影日時すら明らかでなく、
自衛隊幹部も「なんでこんな嘘バレバレの写真を出すのか理解できない」
と呆れるほどだ

ベトナムに対しても、「ベトナム船の方が先に体当たりしてきた」
と逆に因縁をつけている。

支那は何百隻もの艦船を出動させておいて数で圧倒しているのだ。

強盗の居直りにしても無理がありすぎるのではないか。
支那人に染みついた中華思想と共産党の強権体質を考えあわせても、である。

そこで考えられるのが「在外同胞」の存在である。華僑だ。

現在、東南アジアに住む華僑・華人の総数は約3508万人。
うち、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシアの5カ国に
住む華僑・華人だけで約3000万にもなる。

しかも、華僑の経済的実力や政治的立場が根本的に
変化するにつれ、支那文化が東南アジアに大きな影響を
及ぼすようになっているという。

例えば、インドネシアで春節(旧正月)が国の休日となっているほか、
マレーシアには華人学校が1000校以上あり、第一言語として中国語を教えている。

いうまでもなく、華僑は経済の実権を握っている。さらに政界にも華僑は多い。

タイのタクシン元首相兄妹、フィリピンのアキノ大統領、
ミャンマーのネ・ウイン元首相、テイン・セイン大統領らは華僑系とされる。
シンガポールに至っては人口の73%が支那系で、
リー・クアンユー元首相ら政治家のほとんどが華僑系だ。

例外はベトナムで、中越戦争後に100万人以上の華僑を
国外追放したといわれるが、それでもまだ100万人以上が残っている。

だから、支那は東南アジアを支那圏だと思っているのだろうか。

しかし、それには無理がある。
華僑は政治の建前より実利に敏感だし、
時代とともに本国への意識は薄れる。

支那はマレーシア領のボルネオ島から沖に約80キロ離れた場所にある暗礁に
「主権宣誓活動」を行い、マレーシア政府を驚愕させた。

80キロというと、東京から小田原程度の距離である。
一方、支那からは1800キロ離れている。東京―鹿児島間の2倍以上である。

さすがにマレーシア政府はベトナム、フィリピンとの連携を強めつつある。
おごれるものは久しからず、である。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。