高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

支那戦闘機による挑発行為

支那軍のSU27戦闘機2機が2回にわたって海上自衛隊の
OP3C画像情報収集機と航空自衛隊のYS11EB電子測定機に異常接近した。

場所は東シナ海中央部の日本の防空識別圏と、支那が昨年に
設定した防空識別圏が重なる空域。

支那の戦闘機は約30メートルまでの距離まで近づいた。

航空機にとってこの距離は、ほとんど衝突に近いものだという。
コンマ数秒操縦桿を握る手がブレたら、それで終わりだ。

しかも支那の戦闘機はミサイルを装備していた。
そのうえ警告すらなしである。
小野寺防衛相は「常軌を逸している」と発言。
政府は支那に厳重に抗議した。

支那は謝るどころか、自衛隊機が支那とロシアの合同軍事演習を
監視していたからだ、と開き直っている。全く違う海域である。

しかも、公海上である。そんな言い分は国際的に全く通用しない。
自衛隊に対する支那軍の危険行為はこれまでも繰り返されてきた。

2010年4月、沖縄本島の南方約500キロの太平洋上で訓練していた
支那海軍の艦載ヘリコプターが、監視中の海上自衛隊艦船に
異常接近する行動を取ったことがあった。

13年1月には、支那軍艦船が東シナ海で、海自の護衛艦に向けて
射撃管制用レーダーを照射する事件も起きている。

武力衝突につながりかねないこうした挑発行為について、
当初は「現場指揮官の暴走」の可能性も指摘されたが、
その後、現場指揮官が処分を受けた形跡はなく、
いずれも支那共産党中央の指示によるものだったと証言する党高官も現れた。

自衛隊が憲法などに縛られ、対抗手段を持っていないことを知った上で、
あえて挑発した可能性が高い。

ただ今回は、支那の強権的体質に由来するだけではないように思う。

支那は南支那海でベトナムと衝突し、国際的に非難を浴びている。
また途上国を集めた上海での会議で習近平主席がテロ対策をぶち上げた翌日に
ウルムチで殺傷事件が起きて赤っ恥をかいたばかりである。

支那の焦りが見て取れるではないか。

だからといってもちろん、見逃すわけにはいかない。

支那は自衛隊の反応を見くびっているのだ。

とすれば次回は、こちらが射撃管制用レーダーを
照射してやればいいのではないか。

支那は抗議などできるはずはないのだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。