高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

支那はアジア諸国の敵

南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島周辺で起きた
中国とベトナムの艦船衝突を巡り、ベトナムで
反中抗議デモが拡大している。

最大の経済都市ホーチミンでの10日のデモに続き、11日には
首都ハノイなど4都市で一斉に抗議デモが行われた。

ベトナムは共産党の一党独裁体制であり、
政府は通常、デモを厳しく規制している。

しかし今回のデモに関しては全く規制する動きはなく、
完全に容認した形だ。

当のベトナム政府もそれほど怒りに満ちていると
いうことの表れであろう。

支那の東南アジアへの横暴な行為はエスカレート
するばかりで、アジア各地で非難の声は増すばかりだ。

フィリピン然り。マレーシア然り。
独立を奪われたチベットや東トルキスタンはもちろんだ。

そう、支那はアジア諸国の敵である。

軍事力を背景とした国境線の変更など、
国際的に許されるはずがない。


しかし、軍事力で圧倒的に支那に劣るアジア諸国は、
これからますます支那の圧力にさらされるだろう。

アジアの秩序を回復し、支那の暴走を止めるためにも
アジアの大国で有数の軍事力も持つ日本が、安全保障の面で
リーダーシップを取ることが必要である。

これこそが、国際社会への貢献であり、
日本が「普通の国」として果たすべき役割である。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。