高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

嘘つき韓国の世界での評判

『日本人が知っておくべき嘘つき韓国の正体』(小学館)
という書籍がある。その中で、世界が呆れる「韓国の嘘」を
細かく検証・整理がされていて興味深い。

その内容の一部を紹介したい。

欧米をはじめ先進国の間では「OINK」という言葉が存在するという。
「オンリー・イン・コリア(Only in Korea)」を略したもので、
「韓国でしか起こらない、普通ならあり得ないこと」という意味の略語だ。

OINKという言葉が生まれたのは、
2003年に米投資ファンド・ローンスター社が破綻寸前だった
韓国外換銀行の株式を取得して経営再建に乗り出した時の騒動が
きっかけである。
数年後、黒字化を達成したファンドが利益確定のために株を
売却しようとしたところ、いきなり買収時の株価操作などの疑いで
韓国当局の強制捜査を受けたのだ。

ファンドは同様のビジネスを各国で展開しているが、
このようなことが起こったのは韓国だけだ。
国民感情として『外資を叩きたい』という気持ちがあったと
推察されるが、韓国が特異なのは捜査機関や司法までもが
感情優先の判断をすることだという。

これは日本人も大いに思い当たるのではないだろうか。
解決済みの戦時徴用工への賠償についての韓国裁判所の
判決など、まさにその典型例だ。

韓国を「普通の国」だと思っていると痛い目を見る、
そうした認識が諸外国で共有され、「OINK」という
フレーズが生まれたわけだ。

その他にも光州市が国際水泳連盟に提出した書類で
首相のサインを偽造していたり、大邱市が10年以上にわたって
「ミラノと姉妹都市」という虚偽情報を市民に公表していたりといった、
先進国では(いや、発展途上国でも)まず考えられない事態が
明るみに出るたびに「またOINKか」と世界中から呆れられてきた。

世界から非難される捏造国家、韓国。

まさに非常識の宝庫である。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。