高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

女性が旅行するには危険すぎる韓国

韓国の常識外れの言動はあげればきりがないが、そのひとつ。

ジュネーブで開かれた国連人権理事会で、韓国の尹炳世外相が
「今でも世界各地の紛争地域で深刻な性暴行が横行している」と述べ、
「過去に発生して今も解決されないまま進行中の問題」の
実証的な事例として、「日本軍慰安婦被害者」を挙げた。

この会合では、国連の北朝鮮人権調査委員会がまとめた
同国の人権に関する報告書が提出された。

同じ理事会で、「人権」問題の面から、日本は北とともに追及されたことになる。

何を言っているのか。

そもそも、韓国が世界一の売春輸出大国だというのは有名な事実だ。
世界で売春に励む韓国人女性は、支那の新華社でさえ8万人と報じている。
韓国の国会議員は10万人だと認めている。人口5千万人の国だというのに。

しかも、世界に冠たる強姦大国である。1年間の強姦は1万9千件。
性犯罪の起訴件数は1万件。韓国政府自身が統計数字は
実際の6~7%に過ぎないと認めている。

だとすると30万件ということになる。

儒教の影響を残す社会体質があり、女性を従属的にみる傾向が強い。
女性の方は復讐への恐怖や司法への不信感が強い。

このため、泣き寝入りさせるケースが多いとされる。
だから、米国国務省や英国外務省は自国民に対して
渡航する際の注意を強く呼びかけている。

女性観光客にとって恐ろしい国なのだ。
なぜか日本外務省は何も注意喚起をしていない。

こういう事実は、はっきりと言うべきである。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

南朝鮮へ行く理由などない、消費増税が韓国を滅ぼす口実を作る。花王、サントリ、ロッテは不買です。反岡村隆史同盟会

反岡村隆史 | URL | 2014-04-04(Fri)22:50 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。