高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

韓国「告げ口外交」のルーツ

25日に核保安サミットが開かれているオランダ・ハーグで
日米韓首脳会談が行われた。

アメリカの仲介により、三者とは言えやっと会談の
席についた韓国。北朝鮮問題が主な議題で、
日韓の歴史認識問題には踏み込まなかった。

「現実は歴史よりも重要だ」とアメリカの事前の
再三の牽制に配慮したのだろうが、
内心は憎悪の炎に満ちているだろう。

これで日韓関係が良い方向に向かうことなど
あるわけもなく、その鬱憤を晴らすかのごとく
今後さらに日本批判を行う可能性が高い。

一方で安倍総理は、韓国語で、
「お会いできてうれしいです」と話しかけるなど、
大人の対応をした。

弱腰だ、と批判する向きもあろうかと思うが、
私はそうは思わない。

これは絶対的有利に立っていると確信している者
だからこそできる対応であり、余裕を感じさせる。


頑なな朴を皮肉っているようにすら感じてしまう。

ところでオランダのハーグと言えば、
「ハーグ密使事件」を思い出さざるを得ない。

1907年に韓国がオランダのハーグで開催されていた
第2回万国平和会議に密使を送り、
自国の外交権回復を訴えようとするも
国際社会の列強から会議への参加を拒絶された事件だ。

その際には、列強から韓国に対し、「ここはそんな場ではない」、
「空気を読め」などという趣旨の厳しい言葉が
浴びせられ、完全に無視された格好になった。

ちなみに、韓国ではこの件を「ハーグ特使事件」と言っている
そうだが、招待されてもいない、単なる押しかけただけで
「特使」を名乗るその根性には、開いた口がふさがらない。

この事件こそ、元祖「告げ口外交」とも言え、
姑息な手段を使いたがる韓国の気質を象徴している。

韓国の告げ口体質。

これは1世紀以上経っても、全く変わっていないようだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。