高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

韓国の事大主義と小中華

韓国が「日本海」を世界的に「東海」という呼称に
統一しようという姑息な工作を行っていることは
先日も述べたが、韓国内では「黄海」のことを「西海」、
「東シナ海」の一部、朝鮮半島の南側の海域を「南海」と
呼んでいる

自分の西にあるから、東にあるから、
と、全くひねりも無く名前をつけるとは、
国際感覚のかけらもなく幼稚園児なみの
思考回路、自己中心さで呆れてしまう。


しかしながら、韓国の卑屈なところは、
「西海」などについては、支那に遠慮してか、
国際社会で全く問題にしないところだ。

要は、「日本海」問題も、単なる攻撃材料が
欲しいだけだ。

宗主国である支那には、決して歯向かわない。

これは、朝鮮の「事大主義」と
「小中華」思想が根底にある。

事大主義とは大に事えること。
朝鮮民族にとって「大」とはもちろん支那だ。

自分との力の差は圧倒的なので、
屈辱を受けても耐えざるを得ない。

その一方で、自らを支那に次ぐ文明国である
「小中華」と自負し、自分たちは支那の
No.1子分であると、そのプライドでギリギリ、
精神の均衡を保っている。哀れな国だ。

自ら独立を勝ち取った経験もなく、建国の
理念もない。盲腸のように無くなっても
誰も困らない国。それが韓国である。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。