高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

TPP交渉に弱気は無用

TPP交渉が困難な事態に直面している。

これは日本が参加表明する前から
ある程度予想できたことだから特段驚きはない。

しかしながら、アメリカは一方的に要求を突きつける
だけで、全く譲歩する気はない。

こうなるともはや交渉とも言えず、単なる恫喝である。

農産物などの関税を撤廃されれば、
日本の一次産業に大打撃を与える。

その代わりにアメリカが自動車の関税撤廃という
譲歩を認めるのであれば、まだ日本の国益全体に
とってプラスかマイナスかという検討の余地が生まれる。

しかし現状はそうではないらしい。

まさに大東亜戦争直前にアメリカが日本に突きつけた
理不尽な要求「ハルノート」の現代版である。

戦前日本の資源輸入経路を絶ち、追い詰め、
「開戦止むなし」論が急台頭した一因である
ハルノートもアメリカに言わせれば「交渉文書」という
位置づけだが、単なる一方的な要求という点では、
今回のTPPと何ら変わらない。

アメリカは自分で都合の良いルールを作る国だ。

あたかも「自由」「公正」といった、大義は我にありと
いったポーズをとっているが、要は太平洋地域に対する
経済侵略であり、アメリカの思考回路と行動原理は、
大東亜戦争開戦時から何も変わっていない。

このような不当な要求に屈する必要はない。

日本には、「損して得とれ」や大岡越前の「三方一両損」
という、美学がある。

一方アメリカは、「得して得とれ」、「一方得で二方損」だ。

だが、アメリカがここまで強硬に出るのは、
日本のマーケットが魅力的だからという一面もある。

これだけの内需と技術両方がある国は、
世界にはいくつもない。
だから独自の経済圏でもある程度国力の維持はできる。

日本市場がガラパゴスと言われる所以である。

経済のグローバル化や自由貿易を否定するつもりは
ないが、譲歩の無い一方的な要求に屈するくらいなら、
「ガラパゴス」も悪くはないのではないか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。