高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

支那には断固たる措置を

安倍晋三首相は25日午後の参院決算委員会で、
支那が沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海に
防空識別圏を設けたことについて
「不測の事態を招きかねない非常に危険なものであり、
強く懸念している」と表明した。

アメリカ側も強く反発している。
ホワイトハウスは「不必要に挑発的だ」という
非難コメントを出し、国防総省も
防空識別圏を飛ぶ航空機に支那が求める飛行計画の提出
などには応じない方針を強調。
支那の要求には一切従わない考えをあらためて明確にした。

支那の覇権主義は今にはじまったことではないが、
いよいよ強硬な手段に出てきた。

尖閣諸島周辺がいかにも支那の領土であるかの
ように位置づけている今回の防空識別圏設定は、
日本国としては断じて認められない。

全日本空輸などの日本の航空会社が既に支那側に
飛行計画など提出をはじめたというのが
非常に気がかりだ。

たとえ民間企業と言えども、
支那の防空識別圏を追認したと誤解されるような
行為は、厳につつしむべきである。


ここは政府の強力なリーダーシップにより、
どのような対応が望ましいのか、官民挙げて
団結した行動を取る必要がある。

ところで、一つ面白いのが、韓国も今回の件で
支那に猛反発していることだ。

東シナ海に設定した自らの防空識別圏と今回の範囲が
一部重なるからだ。

支那にすり寄り、「反日連携」をしきりに持ちかけたすえに
この仕打ちなのだから笑ってしまう。

やはり支那は韓国のことなど、塵やホコリくらいにしか
思っていないのだろう。
実質的な属国なのだからそれも当然だ。

もろすぎる両国の「反日同盟」は、早くもあっけなく
崩れ去ったようである。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。