高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ロシアのプーチンは詐欺師

森元首相が札幌市で開かれた講演会で講演した際、
北方領土問題についてとんでもない発言をした。

発言の要旨は、「いつまでも金科玉条のように
4島全島返還から一歩も下がるなと言っていると、
政府が動きにくい」というものだ。

森氏は首相時代の2001年にロシアのプーチン大統領と会談し、
歯舞群島と色丹島の返還と、国後、択捉両島の帰属の確認を
分離して協議する「並行協議」を提案したという過去もある。

国土を売り渡そうとする許しがたい発言である。

プーチン大統領は、自分がやっている柔道に関連させ、
北方領土問題は「引き分け」で決着させようというような
ことを言っているが、とんでもないことだ。

「引き分け」などとは、詭弁も甚だしい。

日ソ中立条約を一方的に破って侵略したのはどこの国か?

いわば、泥棒が盗んだものを、
「半分返してやるから水に流せ」と
言っているのと同じである。


あなたが盗難被害に合い、盗んだものを半分返したから
「引き分け」だ、などと開き直られたら、許せるだろうか?

4島を即時返還するかわりに、
ロシア(当時のソ連)が中立条約を破ったことにより生じた
被害の損害賠償請求権や、領土をロシアが不法占有していた
期間の借地料請求権を日本が放棄する。

これでも到底「引き分け」とは言えないが、まだ検討の
余地はあると考える。

2島返還論や、面積等分論など、何の根拠も正当性もない。

ロシアは敵国である。

狡猾で、日本に無茶をのませる点では、
支那や韓国と同じだ。

特アならぬ、特欧とでも言おうか。

プーチンの論理のすり替えや、
口車に騙されてはいけない。

4島即時返還以外に、譲歩など絶対にありえないのだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。