高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

安保法案が可決

安保法案が可決された。

わが国の安全保障問題は、まったなしの
重大な局面にあるだけに、一安心だ。

ここに至るまでの反対派の抵抗は大きかった。

安保法案成立=戦争が始まる

という無茶苦茶な理屈で、多くの若者を錯誤させ、
「オルグ」した、自称市民運動家たちの罪は重い。

安保法案は、戦争どころか、実際は
平和を愛するが故の法案だ。

反対集会の中心であるとある学生集団に
あるメディアが、「なぜ戦争になるのか」と
インタビューしていたが、その答えは
要領を得ず、しどろもどろと言ってもいいものであった。

そもそも集団的自衛権は、自然人には当然に
認められている。

家族や大切な友人が通り魔に襲われて、
守ろうとすることが禁止されているだろうか?
集団的自衛権とはそういうことだ。

個々人の集合体である国家にはそれが無い
というのは理屈が通らない。

もちろん、アメリカなどの同盟国がこの場合の
家族並みに重要かというとそれは議論があるだろうが、
行使をするという権利は有すると解釈するのが妥当であろう。

集団的自衛権を否定する者は、
自分さえ良ければいい、自分以外誰も守る必要は無い
と言っているのと同じだということを理解するべきだ。

スポンサーサイト

PageTop

朝鮮学校無償化は絶対にない

朝鮮総連の支配下にある朝鮮学校に高校授業料無償化を
求める動きが活発化し、政府が動向監視を強めている。

安倍政権は北朝鮮による拉致問題に進展がないことや
朝鮮総連と密接な関係であることを理由に無償化を見送ってきた。

だが、朝鮮学校支援者らが、参院で審議中の
人種差別撤廃施策推進法案を利用し、
無償化を拒絶する政府方針を「差別だ」と主張しているという。

このような無茶苦茶な論理をかざしているのは、
主に民主党の一部や社民党だ。

社民党の福島瑞穂副は「朝鮮学校を無償化の対象と
しないことが、差別をしていくという政府のメッセージだと思う」
と主張した。

自分は一体どこの国の議員のつもりなのだろうか。

朝鮮学校には金一族の肖像画が飾られ、
国際的テロリストである金一族を礼賛する教育が
行われている。

それに日本国民の税金を出すなどと、
常識から考えて有り得ないこともわからないのか。

「人権は平等にある」という言い分も矛盾している。

それなら、拉致された人の人権はどうなる?

北朝鮮による拉致は、究極の人権侵害ではないか。
その拉致を指示した、金日成‐正日‐正恩を崇めろ
という狂った教育をしているのが朝鮮学校だ。

朝鮮学校を日本国民の税金で無償化にするなど、
断じて、絶対に、あってはならない。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。