高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

護衛艦「いずも」就役

海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」が就役した。
「いずも」は、空母のような全通甲板を持つ
ヘリコプター搭載護衛艦。

旧海軍の正式空母「飛龍」より大きい基準排水量1万9500トンを誇る。

哨戒ヘリ9機を搭載でき、5機が同時に離着艦できる。
さらに、陸自が購入を決めた垂直離着陸輸送機V22オスプレイも離着艦できる。

同型艦の「ひゅうが」型と比べて甲板が約50メートル長い248メートル。
サッカーのピッチの2.5倍以上という巨大さである。

陸上自衛隊の兵員400名と大型トラック50台を収容する輸送艦
としての能力も大きい。他の艦艇3隻へ洋上給油することもできる。

35床の入院設備もあり、手術も可能だ。

だから、防衛任務だけではなく東日本大震災のような
災害時にも活躍が期待できる。

もちろん、主たる任務は国土領海の防衛であり、
まず想定されるのは尖閣諸島であろう。

支那がもし大挙して尖閣を占領しようとした場合に、
多数のヘリの運用や護衛艦群の指揮艦として重要な任務を担うことになるからだ。

この「いずも」と同型の二番艦は既に建造中だが、
さらに2隻はほしいところである。
4隻あれば、点検修理や休養などを除いても常時2隻以上が稼働できるからだ。
これに対して支那の反応は微妙である。

例えば「戦略上で見た場合、いずも就役は中国に対する牽制にはならない」とか、
戦術的に見た場合、「中国の潜水艦隊に対する一定の影響を与え、
自衛隊の海上作戦能力の向上に資する」とか。

「軽空母と大差ない能力を有するが、実際に運用するには改造が必要」とか。

つまりは日本非難が全面に出ているわけではなく
何を言いたいのかわからないといったところだ。

その理由は明白だ。日本の護衛艦は侵略能力を持たない。
航空自衛隊は爆撃機を持っていない。長距離ミサイルも持たない。

支那はそれらを持っている。この差がはっきりしているから、
公然たる非難はできるはずもない。
ウクライナからロシア経由で買ったポンコツ空母「遼寧」が
使い物にならず手を焼いているため、話題にしたくないということもあるかもしれない。

我が国は侵略能力を持たない。しかし侵略者に対しては容赦なく叩く。
その強い意思と装備をさらに国際社会に対して示していくべきである。

スポンサーサイト

PageTop

狂人プーチンは世界の敵

ロシアのプーチン大統領が世界を脅しにかかった。

15日に国営テレビが放映した特別番組のインタビューで、
昨年2月のウクライナ政変の際、
「核兵器使用の準備をするように」と
軍に指示していたことを明かしたのだ。
 
プーチンは「ロシア人が住む歴史的領土が危険に
さらされているのを放っておくことはできない」と強調し、
ウクライナで親ロシアの政権が崩壊して親欧米派が
政権を掌握した場合は、核使用を念頭に置いていたことに言及した。

クリミア編入に際し、ロシア軍2万人以上を動員し、
大量の地対空ミサイルなどで半島を要塞化したことも明かした。

場合によっては核兵器を使用することもためらわなかったというのだ。

ロシアは世界一の核保有国である。1万3千発以上の
核弾頭を持っていることを公表している。

一瞬にして世界を壊滅させることが出来るのだ。

それが嫌なら領土強奪に文句を言うなという訳だ。

全人類を相手に死か服従かを迫る。
これ以上のひどい脅迫があるだろうか。

1人の権力者の狂気が暴走すれば、
人類の歴史は一瞬にして消え去り、
地球は生命体が住めない灰となる。

なんと愚かなことだろうか。

プーチンは同時に、1年前にはロシア軍の介入を
否定していたのに、実際は介入していたと自ら認めたことになる。

さらに「クリミアの住民投票の結果を受けて
編入を決めたと」いう従来の説明も撤回した。

自分は嘘つきだと平気で認める国家指導者は極めて珍しい。
KGBという暗殺や謀略の専門機関の出身者だから、
よけい何を考えているのかわからない男だ。

ドイツのメルケル首相はプーチンを評して
「彼は我々とは別の世界に住んでいる」
とかつて語ったが、その通りである。

そのプーチンに媚を売って「クリミア編入は民主的な
住民投票で決まった」と語った鳩山元首相は、これをどう説明するのか。

北方領土もロシア人の投票で決めればいい、とでもいうのだろうか。

外務省はシリアに行くジャーナリストに旅券を
返納させるのであれば、この男にも返納させなければいけない。

PageTop

宇宙人につける薬なし

バカにつける薬はないが、そのバカが元総理大臣となると、
話は重大である。

鳩山由紀夫が、ロシアが一方的に編入したウクライナ南部の
クリミア半島を、日本政府の反対を押し切る形で訪問した。

ロシアメディアは、現地での様子を、主要なニュースとして伝えている。
欧米はじめ民主主義国家から蛮行を厳しく非難されているのだから、
大喜びだろう。

鳩山氏は、クリミア半島の中心都市・シンフェロポリの空港で、
プーチン大統領の特使らの出迎えを受けたあと、
南部の観光地・ヤルタを訪問した。

ロシアメディアは、鳩山氏が「人や文化の交流は、政治問題の解決に
有益だと信じている」と述べて、日本とクリミアの友好団体の設立構想を
披露したことなどを伝えている。

そのうえ、「クリミア編入は納得できた」とまで語ったという。

この男は、強盗を相手にへいこらしに行ったわけだ。

人や文化の交流以前の問題である。政治的交渉の問題ですらない。
領土の略奪を許すかどうかの問題である。

今回のクリミアにしても当然ながら何の展望も
持ち合わせているわけではない。

単に好奇心を満足させたいだけだろう。
それがどんな波紋を呼ぶのかという想像力も持ち合わせていない。

自分が単に利用されているだけだということに
すらも気づかない。


菅義偉官房長官は記者会見で、「ウクライナの主権侵害を断じて
認めないという日本政府の立場と著しく反する行動だ。
首相を経験した政治家としてあまりに軽率で遺憾であり、厳しく非難したい」と述べた。

さすがに民主党の枝野幹事長も「軽率だ」と批判している。当り前であろう。

それだけではない。

国際社会がどうみるか。
「日本という国はこんなバカでも首相になれるのだ」と受け止める。
国家と国民が馬鹿にされるのだ。

そして、驚くことに、鳩山はクリミア移住まで
ちらつかせているという


こんな男は国籍を剥奪すべきである。

さっさとクリミア国民になって、
日本と絶縁していただきたい。

PageTop

駐韓国米大使へのテロ行為

激情民族の暴走がついにテロとなった。

リッパート駐韓米大使が襲われ、ナイフで何回も
切りつけられて80針を縫うほどの大怪我となった。

事件の直前には米国務省次官が「どこの政治指導者にとっても、
昔の敵を中傷して安っぽい拍手を浴びることは難しくない」と発言し、
韓国内で日本寄りの言い方だとして猛反発を呼んでいた。

当たり前のことを指摘した発言のどこが日本寄りなのか
首をひねるしかないが、いつもの韓国風思い込みなのだろう。

犯人は北朝鮮シンパだ。7回も北朝鮮を訪問している。
5年前には日本大使にコンクリート片を投げつけ、懲役2年の有罪判決を受けている。

そんな男が、米大使が講演する朝食会に平然と席を
取り座っていたのはどういう訳か。

ここに、韓国政府、社会の危機管理能力の無さと
安全に対する無神経さが如実に表れている。


去年のフェリー転覆事故と同じ底流である。
甘いのだ。
しかも、日本大使を襲撃したことを本音では悪いことだと思っていない。
だから、チェックが行き届かないのだ。

国際感覚の無さも明白だ。
韓国政府の一部には自らのミスを棚に上げて
米大使館側の警備が手薄だったという声もあるようだ。

駐在外交官の安全を守るのは近代国家としての責務である。

まして韓国にとって最重要の同盟国の大使が一歩間違えば
命を落としかねないことになるとはどういうことか。

今回のテロで韓国が国際社会の信用を
ますます落としたことは間違いない。


折も折、日本外務省のホームページの中の
韓国についての欄から、「自由と民主主義、市場経済等の
基本的価値を共有する」という記述が削除された。

韓国がこれらの価値を持ち合わせていない国だと、
“認定”したともいえる。 

朴大統領は1日、独立運動記念日の式典演説でこう強調した。
「韓国と日本は自由民主主義と市場経済の価値を共有する重要な隣国だ」。

その矢先の削除である。極めてまっとうな対応だと評価したい。

PageTop

矛盾だらけの国オーストラリア

オーストラリア南東部ビクトリア州政府が、
増え過ぎたコアラを「間引き」するため、686頭を
致死注射で殺処分していたことが分かった。
コアラは全国的には絶滅も危ぶまれており、
州政府の判断に批判の声が上がっているそうだ。

オーストラリアという国は自分勝手で矛盾だらけ
の国だと感じてしまう。

クジラ漁には徹底的に反対するのに、
コアラは殺しても良いという論理。

しかもクジラは食糧や資源として活用するのだが、
コアラは食べるわけではないので、ただ殺すだけ。
コアラにしてみれば、とんだ無駄死にだ。

オーストラリアは人権の国、自由の国などとも
自分たちは喧伝しているが、これも大きな間違いである。

つい最近まで白豪主義などという実質的な
人種差別が、平気でまかり通っていた国である。

1950年代には、白人が「狩りに行くか」などと
言って原住民であるアボリジニーを
遊び半分で撃ち殺していたような国である。

人権や自由も、一部の白人にとって都合良く
ルールを作られ、その中での話でしかない。

広い国土にたかだか2000万人くらいの人口しか
いないから、資源だけで食っていける。
だからオーストラリア人は性格は明るいが、
バカで自分勝手が多い。

かつて島流しにあったイギリス人の
子孫が、今は左団扇でいい気なものだ。

しかし、そのオーストラリア経済、
実はその行く末は明るいとは言いがたい。

主力の鉄鉱石などは、支那が最大顧客なので
今やオーストラリア経済は完全に
支那の経済成長に依存していると言ってよい。

ということは、支那の建設バブルが弾けたら
相当な痛手を被るはずだ。

昨日は豪中央銀行の政策金利の発表があった。

大方の予想は利下げであったが、
中央銀行は金利を据え置いた。

利下げをしたかったが、そうすると相当な
自国からの資本流出が起こってしまうので
したくてもできなかったという事情であろう。

もともとが原野と砂漠しかなかったオーストラリア。

先進国というには100年早い。

PageTop

支那人とフランス人

所用のため、パリへ行ってきた。

厳寒のパリを楽しむ暇はなく、
もちろん買い物もしなかったのだが、
シャルリ・エブドのテロの影響で警戒は厳しくなっており、
店によっては鞄の中身をチェックされる。

現地のフランス人からこんな話を聞いた。

春節休暇もあってか支那人の観光客が急増している。
高級百貨店では、大型バスで乗り付ける支那人観光客が
ブランド品を大量に買い漁るため、他のお客を入場制限する例もあるそうだ。

支那人観光客の大声とフランス人店員の仏頂面が目に浮かぶようだ。

帰途に就くためのシャルル・ド・ゴール空港。
急いで航空券を取ってきたので、いい席に変えてもらおうと
カウンターで申し出ると、これまた仏頂面で首を横に振る。満席か?
と聞くと頷く。嘘だろう、
と確信して近くにいた日本人係員に聞くとすぐに変更してくれた。

フランス人労働者は自分が楽をするためには
顧客に対して平気で嘘をつく。

顧客がクレームをつけても意味はない。
社会主義的な労働政策によって労働者の身分は
手厚く保護されており、不利益を被らない。
かといって階級社会の残り滓がいまだに続いているため
超エリートが優遇され、一般人は出世に縁がない。

質の低い労働が淘汰されないから若者の失業率は高く、
不満がうっ積する。社会が澱んでいるのだ。
人種や宗教による差別も当然ある。

どことなく支那に似ていないか。

それだけではない。支那の中華思想とフランスの唯我独尊主義。
いい勝負か、と思いながら機上の人となった。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。