高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朱建栄の闇

支那にも憲法と称するものはある。

ただし、序章でいきなり「共産党の指導を仰ぐ」と
明記されているので、共産党綱領よりも下位に位置づけられる。

文明国における憲法とは似て非なるものといってよい。

憲法が党の指導下にあるのだから、国家は党の下である。

軍隊も国軍ではなく共産党軍だというのはよく知られている。

司法ももちろん独立しているわけは無く、党の管理下である。

そんな支那共産党の日本における代弁者として知られる
東洋学園大学教授の朱建栄が昨年7月に実家のある上海で行方不明になった。

公安機関に拘束されたと推測されたが、
支那の政府は具体的な説明はせず、
在日支那人の間では「北京の代理人のような男でも危ないのか」
という恐怖が流れた。

そして半年。突然解放された。

二重スパイを疑われたという観測があるが、真相は不明のままだ。

半年もの間、拘束され尋問され、何の理由も情報も公表されない。
恐ろしいというほかない。

そして朱建栄はテレビ局の取材に対し、
「この半年のことは一切何も話せない。あとは大学に聞いてほしい」
と口をつぐむばかりである。大学は新年度から教壇に立たせるという。

日本では言論は自由なのだから、北京の代弁をいくらしようと
とがめられることはない。

しかし、教育現場となれば話は別である。

支那の公安に半年も拘束され、
それについて何の説明もしない男が教育をするというのは
通らないのではないか。

いや、学の独立というではないか、という意見もあるだろう。

しかし、そのためにはこの大学は税金からもらっている補助金の
金額を明らかにし、それを一切返上する覚悟がなければならない。


その程度の矜持がなければ、さもしい「学の独立」になろう。

朱が拘束された理由は、日本政府から研究費の補助金を受け取ったため、
支那の情報漏えいが疑われたという説もある。

日本政府が朱を「嵌める」ために補助金を出したのなら
見事な成功になるが、今の日本政府に、そのような「搦め手」が
使いこなせるとは思えないし、そうだとしても同じ手は二度と使えない。

いずれにせよ、これ以上税金で補助することは許されない.

逆にそんな深謀もなく金を出したのなら論外である。


さらに、テレビ局の対応である。これまでは朱の代弁者ぶりを
面白がって使っていたことを強く反省すべきである。

拘束についての説明がないまま再び番組に登場させるようなことが
あってはならないのだ。

スポンサーサイト

PageTop

名護市長選挙の結果

沖縄県の名護市長選挙の投開票が19日に行われた。

現職の稲嶺進氏が、移設推進を掲げた
新人の前自民県議、末松文信氏=いずれも無所属=を破り、
再選を果たした。

民主主義の選挙の結果であるから、
それ自体は事実として受け止めるしかないが、
これで普天間飛行場の辺野古移設に
ストップがかかるように誤解させるような
メディアの報道はいただけない。


名護市長が誰になろうが、制度上は辺野古移設自体には
直接的には関係がない話だ。

投票結果は稲嶺氏が約19000票の得票に対し、
敗れた末松氏は約15000票。
その差はわずか4000票しかない。

民意は拮抗していたのだ。

にもかかわらず、某左翼新聞系有名報道番組では、
街頭インタビューで、辺野古移設や沖縄の基地自体に
賛成だという人の意見が流れたためしがない。

偶然だとでも言い逃れするのだろうか。

明らかな偏向報道である。

沖縄の基地問題で右往左往している間に得をするのは
どこの誰か。

沖縄県民だけでなく、国民全員がこのことを考える
必要がある。

フィリピンでは、1991年に米比基地協定の延長を上院で
否決したため返還が決まり、翌年米軍は撤退した。

それでフィリピンはどうなったか。

支那はフィリピン領土であるミスチーフ環礁を奪い取り
軍事施設を建設した。

さらに、ルソン島沖のスカボロー礁にも監視船などを
常駐させ、実効支配するに至っている。


支那は長期的には、沖縄を奪い取ることを考えている。

まずは尖閣諸島などの無人島、そして有人の離島、
さらには沖縄本島と、隙をみせればどこまでも
強欲になるだろう。

そうなってからでは遅い。

沖縄県民は、一時の感情や左翼の妄言に惑わされず、
自分たちの島を守るためにも、
賢明な行動をしていただきたい。

PageTop

支那と朝鮮はテロリスト

韓国と支那はテロリストを賛美する国家に堕した。

支那が、初代韓国統監だった伊藤博文を暗殺した
朝鮮半島出身の安重根の記念館を、
暗殺事件の現場となったハルビン駅に開館した。

記念館設置は韓国の朴槿恵大統領が支那中共の習近平に要請していたもので、
黒竜江省のハルビン市と、同市鉄道局が駅の貴賓室の一部
約200平方メートルを改造して設置した。

韓国外務省は報道資料で「(韓国政府は)両国民から広く尊敬される
安義士の記念館が義挙の現場に設置されたことは意味がある」と歓迎を表明し、
「これを契機に北東アジア地域の国家が安義士が主張した『東洋平和論』の
崇高な精神を振り返り、正しい歴史認識に基づく真の平和・協力の道に
歩み出すことを期待する」とコメントした。

日本を念頭に「正しい歴史認識」を持つよう要求し、
韓国と支那が日本側の歴史認識に共同で対抗する意図があるとみられる。

安重根についての評価は立場によって違うが、
ここでは事実だけを指摘したい。

まず、安は抗日の義兵ではない。

当時、彼らを交戦団体に認定した外国政府は一つもなかった。

仮に韓国のでっち上げた義兵だとしても、
戦時国際法の問題がある。

殺された伊藤博文一行は純然たる文民である。

殺人犯の安も普通の服装であり、軍服ではない。

殺害現場のハルビン駅は中立国である清朝中国内の
ロシア管理区域であって、交戦地域ではない。
これのどこが軍事行動だというのか。

テロである。

だからこそ、安を逮捕したロシア当局は
速やかに日本に身柄を引き渡したのだ。

韓国は国際法を無視することを重ねているが、
こういった事実を説明しなければ国際社会には通用しない。

安倍政権はこれについて厳しくかつ冷静に世界に向けて発信するべきであろう。

一方の支那。本気で韓国のたわごとに付き合う気ならば、
記念館について国民に広く知らせるべきだが、そんな報道はしないだろう。

テロに正義あり、などと言えるはずがない。

事実、安を英雄視するような報道は支那では一切されていない。

チベットや新疆ウイグル自治区で行っている
凄まじい弾圧への反対に大義を与えてしまいかねないからだ。

支那にとっても、痛し痒しなのだ。

断言しておく。愚かな蛮行を重ねる支那と韓国。

この付けは必ず自らに跳ね返る。

PageTop

日本への外国人旅行者増加の陰で

法務省が発表した集計によると、
2013年の外国人入国者数は約1125万人だった。

前年比で約208万人増え、1950年の統計開始以来最も多い。
1000万人を超えたのも初めてだ。

円安で韓国、台湾などから旅行者が増えたことに加え、
タイ、マレーシアなど東南アジア各国の観光ビザ発給要件の緩和が
増加につながった。

法務省の集計には、就労や勉学などで中長期的に
日本に滞在する外国人の再入国も含んでいる。

この中には特別永住者(在日韓国・朝鮮人など)らも入る。

一方、独立行政法人・日本政府観光局は、2013年に日本を訪れた
外国人旅行者数が先月20日現在で1002万人だったと発表している。

外国人入国者のうち、再入国者を除く新規入国者は約955万人で、前年比27%増だ。

国・地域別では、新規入国者の最多は韓国で231万人(前年比21%増)。
以下、台湾217万人(同52%増)、香港を除く中国98万人(同6%減)、
米国74万人(同12%増)と続いた。

昨夏に旅行者のビザを免除したタイは44万人(同77%増)、
マレーシアも17万人(同38%増)と大幅に増加した。


韓国は大嫌いな日本、千年たっても許さない日本へ
なんでこんなに来たがるのか。不思議というほかない。
来なくていいのだ。円安で説明できることではないだろう。

一方、韓国への日本人入国者は271万人で22%減少した。

当然であろう。日本政府が渡航自粛を働きかけたわけではない。
日本国民が韓国にうんざりし、「いいかげんにしろ」と思った結果である。
この傾向はどんどん進むであろう。

それにしても、韓国政府によると、外国人観光客が急増した理由の筆頭に、
外国人乗り継ぎ客を対象としたビザなし入国プログラムをあげている。

要するに、空港でのトランジットも入国者数に数えているのだ。

ますます訳が分からない国である。

日本でいうと、成田や関空での乗り継ぎ客が増えたからと言って、
入国管理統計にはなんの意味もない。

むしろ不正確な数字を集計しては国民経済にとって百害あって一利なしである。
ハブ空港としての存在感を主張したいなら、当然区分して集計しなければいけない。

やはり、理性より情念の民族だ。

PageTop

隠居政治家の暴走

細川元総理が都知事選に立候補をするようである。
一体どのツラ下げて、と感じている向きも多いだろう。

20年も前にとっくに終わった政治家であり、
しかも総理時代には佐川急便からの数億円の借入れ疑惑を
追及され、退陣している。


当時、小沢一郎の口車に乗せられ、
日本新党などという理念も何もない、
元祖「無政策、無責任」政党の党首であった細川は、
烏合の衆の連立政権で首相に担ぎ上げられたが、
1年も立たずに辞職している。


前述の佐川問題に加え、未明に消費税を当時の3%から7%に
増やし、「国民福祉税」とすると勝手に発表し、
国民全員を敵に回した結果、すぐさま撤回するなど、
在職中の「ご乱心」ぶりには事欠かなかった。

私はこの細川と、鳩山由紀夫を、浮世離れした
二大「宇宙人政治家」と位置づけている。


細川はその後ほどなく国会議員を引退し、
陶芸などをしながら隠居生活を送っていた。

それがなぜ今さらしゃしゃり出てくるのか?

殿様の考えることは我々庶民には理解不能であるが、
殿様なら殿様らしく、自身の引き際くらいわきまえて
ほしいものだ。

そして、問題なのが小泉純一郎元総理だ。

きれいに引退したと思ったら、最近まだ公の場に
顔を出し、「脱原発」などという国益に反することを
振りまいている。

その小泉が細川を支援するという。

終わった政治家が終わった政治家を支援している。

まるで隠居同士の仲良しクラブである。

この二人に申し上げたい。

都政は、ゲートボールクラブや、
近所の碁会所とは違うのである。

75歳を過ぎた引退政治家の出る幕はない。

老害によって都民が不利益をこうむることだけは、
あってはならない。

PageTop

朴槿恵と朝鮮の精神構造

yjimage.jpg

昨年、韓国の朴槿恵は

「(日本と韓国の)加害者と被害者の立場は、
千年の歴史が流れても変わらない」と述べた。

日本に対する恨みは永遠に続くと公言したわけである。
尋常ならざる怨念に背筋が寒くなる。


だが、この感情は歴史的に韓国人、
いや朝鮮民族全体に共通するもので、
「恨千年」は決して大袈裟ではない。

たとえば、チョー・ヨンピルが歌ったことでも知られる
「恨五百年」という韓国の代表的な民謡がある。

高麗の武将・李成桂が高麗王朝を倒して
李氏朝鮮(1392~1910年)を打ち立てたとき、
高麗の遺臣が李成桂を恨んで歌った歌が元になっていると言われ、
そこでは「恨五百年」という言葉が何度も繰り返される。

「恨」とは「恨み辛みや不満を生きるエネルギーに転換した状態」
のことで、朝鮮民族特有の精神構造である。


感情をコントロールできなくなる朝鮮民族特有の
精神疾患「火病」とも関係があるのかもしれない。

怨みだけをエネルギーにとは、なんて残念な生き方だろうか。

ネガティブな感情が原動力となるため、
必要以上に攻撃的、非理性的になる。

朴槿恵の一連の反日的言動や、日本企業へ戦時徴用に
対して賠償を求める司法判決など、朝鮮民族が
感情的、非理性的ということの証には事欠かない。

もちろん、日本人や他のどの民族にだって、
恨みという感情をもたないわけではない。
人間なのだから当たり前だ。

しかし朝鮮民族のそれは、常軌を逸しており、
「大人の振る舞い」をしなければいけない場面でも、
それがコントロールできずに、表面化してしまっている
ところに問題がある。

やはり、朝鮮民族というのは、精神的におかしい人間が
非常に多いのだと結論せざるをえない。


最後に、

「日本と韓国の加害者と被害者の立場は、
千年の歴史が流れても変わらない」

と言ってはばからない朴槿恵に一言。

それを言うなら、

「支那と韓国の支配者と属国の立場は、
千年の歴史が流れても変わらない」


であろう。

こちらが真実。歴史が証明していることだ。

PageTop

旭日旗反対運動にモノ申す

韓国の旭日旗に対する理不尽な措置はとどまるところを知らない。

常軌を逸した動だ。

先日、サッカー日本代表の新ユニフォームが「旭日旗を想像させる」として、
即刻使用中止を要求した。

また、信じられないことに旭日旗廃止法案なるものが韓国の国会で提出された。

狂気である。

単なる嫌がらせではない。

順調にいけば同改正案は今年前半に国会で可決される見通しだ。

韓国サッカー協会に対して、軍国主義色の強い物を韓国のスタジアムに
持ち込まないよう徹底的に取り締まることを求めた議員もいる。

念を押しておくが、旭日旗を使おうが見せようが、
日本の勝手であり、他国が口を出せる話ではない。

そのうえで、だれが見ても新ユニフォームが旭日旗である訳がない。

逆に、サッカースタジアムに竹島問題を持ち込んだのは誰なのか。

本当に問題あるというのなら、国際サッカー連盟(FIFA)に話を持ち込めばいい。
あきれられるか、笑いものになるだけだ。

そもそも、本当に旭日旗を法律で禁止するなら、日米韓の合同軍事演習など
行えない。海上自衛隊の軍艦には旭日旗が掲げてあるからだ。

敵国の韓国と合同演習などする必要もないと思うが、
韓国はそういった後先のことを考えているだろうか?

恐らくそうではないだろう。

一時の感情により、愚かな行動を起こす。
そして失敗してからはもう遅い。

このような行動を繰り返すのが韓国だ。

報いを受けることになるだろう。

PageTop

快晴の宮城に日の丸が舞う

20140102_133027.jpg

副代表はじめ、日領会のメンバーと、
宮城に新年一般参賀に参上した。

雲ひとつない快晴で、気分が良い。

日本も今年は経済も上向き、支那や韓国といった「害悪」に
毒されることなく、発展するという気がしてくる。

参賀に訪れる人は、例年よりもかなり多いという印象で、
二重のセキュリティチェックなどで、
結局駅についてから入るまで30分以上もかかってしまう。

天皇皇后両陛下、皇太子殿下夫妻、秋篠宮ご家族が
にこやかにお出ましになり、天皇陛下からお言葉を賜る。

こうして多くの人が訪れ、陛下からありがたいお言葉を賜り、
改めて日本の国体は護持されていると痛感する。

民主党をはじめ反日左翼政治家たちよ。
詭弁、歪曲による「国体偽装」はただちにやめなさい。

その後は靖国神社に参拝。

途中境内にて新風の仲間と偶然出会う。

今年も年明けから、いくつかの団体主催の街宣、デモ、言論活動などに
公式協賛させていただいているが、独自にも多くの活動を予定している。

反日、左翼、支那、朝鮮以外のまともな日本人にとって
良い一年となることを願う。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。