高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アメリカは黙っていろ

アメリカは黙っていろ、という声が日本の識者たちからも
上がっている。

安倍総理の靖国参拝に関して、在日米大使館や国務省が
「失望する」という趣旨の声明を発表し、
日本を非難していることに対してだ。

安倍総理は、前日に民主党政権時代に無茶苦茶にこじれた
普天間基地の問題を大きく前進させた。

その恩を仇で返されては総理もたまらないだろう。

これは内政干渉である。

オバマ大統領もベトナム戦争などの戦没者が埋葬されている
アーリントン墓地に訪問するが、これにベトナムが異を唱えたら
止めるのか?

また、同墓地には、奴隷制度支持を訴え南北戦争で戦った
南軍の将校も埋葬されている。

だからオバマが奴隷制度に肯定的だ、と解釈するくらい
破綻した理論であり、そういう理論でアフリカ諸国が
同墓地訪問を反対したらアメリカが言うことを聞くか?

そんなことはあるわけがない。逆にアメリカは烈火のごとく
怒り出すだろう。

それと同じことをアメリカはやっているのである。

アメリカは参拝を「アジアの緊張を高める行動」などとも
批判しているが、支那と韓国が勝手に緊張しているだけだ。

タイ、マレーシア、フィリピンなどが何か反応しているか?

これらの国は大人であり、物事の分別を分かっているので
何も言っていない。当然である。

とはいえ、ここで日米同盟がギクシャクしては、
支那が喜ぶだけである。

アメリカも、敵国はどこかということすら分からないくらい
ヤキが回ってしまったとは思いたくないが、
本当に東アジアの平和を望むのであれば、アメリカが
すべきことは、日本批判ではなく、支那、韓国、北朝鮮といった
東アジアの秩序を乱す、ならずもの国家たちを監視し、
抑止力を高めることである。

スポンサーサイト

PageTop

安倍総理が靖国神社に参拝

安倍晋三 日本国内閣総理大臣が靖国神社を参拝した。

安倍総理は、第一次政権時代に参拝できなかったことを、
かねてより「痛恨の極み」としており、悲願を実現できたといえる。

現職の総理大臣が参拝するのは、2006年の終戦記念日に
当時の小泉総理が参拝して以来となる。

参拝したことは大いに結構だ。

しかし、手放しで評価できるかと言えばそうではない。

まず第一に、遅すぎたということ。

総理大臣就任時、8月15日の敗戦の日、例大祭など、
参拝するのに重要な節目はいくらでもあった。


第二に、不意打ち的な電撃参拝であること。
あまりに突然、しかも年末のどさくさにまぎれて
参拝したという印象を持つ。

外野がなんと言おうと、事前に宣言し堂々と参拝すれば良い。
警備上の問題もあったのかもしれないが、
それなりの手順は踏んでいただきたかった。

今まで経済優先とか、隣国との関係とか、
くだらぬ言い訳をして、先送りにしてきたことは問題である。


日本のために尊い命を犠牲にされた御英霊に対し、
尊崇の念を表し、参拝することなくして、
一体何のための日本国総理大臣か!


年間通して、節目節目に参拝するのは総理大臣の
当然の義務である。

今回の参拝で、例のごとく支那や韓国は怒り狂っている。
いつもの内政干渉である。

これで就任以来開催されていない首脳会談の
実現可能性はまず無くなった。

だが、今回の参拝はある意味、それらに対する安倍総理からの
強烈なメッセージが込められていると推察する。


それは、
「支那、韓国は、世界に存在しないものとして取り扱う」
ということだ。

実際問題、この1年間、首脳会談がなくなって、
日本に何か不都合があったか?

何もありはしないのである。

景気は回復傾向、株価も上昇、税収は50兆円突破と、
完全とはいかないが、国に勢いが戻りつつある。
逆に韓国は、経済不振にあえいでいる。

困っているのは向こうのほうではないか!


支那、韓国よ。勝手に怒り、騒ぎ、態度を硬化させれば良い。

そのほうがこちらにとっても都合が良い。

我々、維新政党新風の公約である、
「日韓断交」「日支断交」の実現に一歩近づくのだから。

PageTop

みんなの党の内ゲバ

まるで極左勢力の内ゲバである。

一連のみんなの党の分裂劇をみているとそう思う。

集団離党の首謀者、江田憲司前幹事長は今日、
所属議員15人で新党の設立総会を開いた。

党名は「結いの党」だという。

なんとも心もとない、政策も決意も感じられない
「みんなの党」に負けず劣らず感覚的、
情念的なネーミングである。


こんな党に国民が投票すると思っているなら、
はなはだしい思い上がりである。

しかも、所属議員のほとんどが、比例代表選出という。

比例代表選出議員は、離党する場合は議員辞職するのが
当然のはずである。

この点では、みんなの党の渡辺代表の主張に理がある。

しかし渡辺代表の独善的な党運営が現状の混乱を招いた
側面もあり、江田、渡辺両者ともに責任重大だ。


渡辺代表は、
(江田氏による離党議員への)マインドコントロールを
といて、引き戻そう、などと言っているらしいが、
この発想自体が、極左過激派か、カルト教団の親玉と
何ら違いなく、政策以前の問題である。

このような内ゲバが繰り広げられている間にも、
国民の税金から議員歳費は支払われている。

このような議員は全員クビにして、
その経費分を国防や産業振興に充ててはどうか。

金額的な影響度はわずかかもしれないが、
国民の政治への信頼度向上という点では、
大きな効果があるのではないだろうか。

PageTop

誰も惜しまない東国原の議員辞職

根なし草はどこまでいっても根なし草だ。

いや、値打ちのない、値無し草といったほうがよいか。

日本維新の会所属の衆議院議員、東国原英夫が
離党及び議員辞職をした。

議員辞職するのは歓迎だ。
もともと政治家として不適格なのだから。

しかしその理由説明が見苦しい。

旧太陽の党のメンバーを公然と批判し、
自分の力不足を棚にあげ、石原慎太郎氏らを
「妖怪」よばわりするありさまだ。

東国原は、組織の中で融和・調整し、方向性を
まとめあげるということができない。

会社や団体といった組織の中で働いた経験もなく
いきなり知事という「王様」になり、それしか
政治経験がないものだから、自分の思い通りに
いかないときに、こらえ性がないのだ。

そしてしたたかなのは、前回の都知事選でも、
出馬表明をなかなかせず、後だしジャンケンに
徹している点だ。

今回も、猪瀬都知事の一件があって、このような行動
のきっかけとなったのは間違いない。
そのしたたかさには恐れ入る。

結局は、権力にしか興味がないのだ。

その割に、ビジョンを示すこともできない。


口を開けば、

「自分の専門は地方分権だ。これを大学でも一生懸命
勉強してきた。地方分権を実現することが使命だ。」

などと言っているが具体性はない。

芸人が社会人入学か何かで少しかじったくらいの
見識で、いっぱしの専門家をきどらないでいただきたい。

そもそも、地方分権など、20年か30年前の
流行り文句であった。もはや死語である。

今の日本は、過酷な、国際的な都市間競争の渦中にある。

アジアの経済の中枢はどこになるのか、
ということだ。

そして、日本は残念ながら、かろうじて東京が
生き残るかどうかだ。
そのような時には、中央集権で東京に経済的資源を
集中させて、都市間競争に勝っていかなければならないのだ。

それによって、地方に及ぼす波及効果を期待するほうが
よほど理にかなっている。

安全保障上の問題でもそうだ。
権限や情報が分散するようでは、現在の
アジアの緊張状態の中、国の安全は守れない。


国家観などまるでない東国原は、国会議員たる資格はない。

地方の首長選も含め、今後公職に立候補したとしても、
国民もバカではない。二度と当選することはないだろう。

PageTop

北朝鮮の内部抗争

北朝鮮ナンバー2の失脚はあっけないものであった。

12月8日に労働党中央委庁舎で開かれた政治局拡大会議において、
「反党・宗派分子の張成沢(チャン・ソンテク)を
すべての職務から解任する」という決定書の朗読が終わる前に、
2人の軍官が駆けつけた。

聴衆席の前列に座っていた張成沢は一人で
立つことができなかった。

指で机を押しながら立ち上がった張成沢は、
両腕をつかまれて連行された。

北朝鮮の国営放送、朝鮮中央テレビは9日午後、
この場面を電撃公開した。

解任の理由は、
「主体革命偉業の継承の重大な歴史的時期に
党の唯一の領導を去勢しようとして、分派策動で自分の勢力を拡張し、
党に挑戦する危険千万な反党反革命的宗派事件が発生した」

とのことだそうだ。

このニュースを聞いて、いよいよ北朝鮮崩壊のカウントダウンが
始まったと思った方も多いのではないだろうか。

張成沢は金正恩と血のつながりこそないが、親戚関係にある。

外様だけではなく、ついに一族間でも熾烈な粛清の嵐が
吹き荒れているのだ。

張成沢はこの後、処刑される公算が大きいという。

金正恩は今、疑心暗鬼になっている。
そして猜疑心の連鎖に、我を忘れて粛清を繰り返しているが、
それが逆に我が身を滅ぼすのを早めることになるだろう。

というのも、張成沢は、若く経験がない金正恩とは対照的に、
軍事、外交の実務面で中心的役割を果たしてきた。

こういったブレーンがいなくなれば、現体制の求心力はますます
弱まり、体制の崩壊につながる。

いよいよ追い詰められ、狂気と化した金正恩が、
やけっぱちになって核兵器を使用するようなことがあっては、
極東アジアだけでなく、世界の脅威になる。

そうなる前に、世界を挙げての掃討作戦も検討が必要であろう。

危険な芽を摘む絶好のチャンスである。

PageTop

マンデラ氏の死を悼む

南アフリカのマンデラ元大統領が亡くなった。

95歳であるから、大往生ではあるのだが、
その人生はとても波乱万丈、言葉ではとてもいいつくせない
苦労があったと察する。

人種差別の撤廃という課題に人生を費やした氏の功績は
永久に人々の記憶から消えることはあるまい。

南アでアパルトヘイトが撤廃されてからずいぶん経つが、
一方で、現在、世界最悪の人種差別国家と世界から非難を
浴びているのが、実は韓国であるのは、有名である。


アメリカの新聞が行った「最も人種差別が酷い国ランキング」
では、韓国はOECD加盟国の中で、ダントツの1位という
レッテルを貼られている。

また、先日韓国で発売されたタバコのパッケージに、
黒人差別的なデザインがあるとして、黒人団体から
猛抗議を受けたことも記憶に新しい。

過去には、アメリカで韓国系移民が、黒人上司に公の場では
厳にタブーとされている侮蔑的な言葉を浴びせた上、
暴力をふるうという事件や、韓国に駐在していたアメリカ人女性が、
「韓国人の容姿偏重主義に我慢の限界を超えた」という怒りの声明を
発表して帰国するなどの騒ぎも起きている。

このように、韓国は世界最悪の人種差別国である。

フィリピンなどの東南アジアでも、韓国人は必ず現地の人を
見下した態度をとるということで、ビジネス客、観光客ともに
すこぶる評判が悪い。

それなのに、日本に対しては「差別された」などと被害者意識を
全面に押し出している。

特に保守運動をやっていると、すぐに「差別だ」などと言い出す。

ひどい言いがかりであり、迷惑千万な話である。

全部とは言わないが、日本で保守運動に携わる人の大部分は、
韓国人の「見た目」や「人種」といった固有の属性について、
問題にしていない。

その考え方や行動、つまりモラルのなさや卑怯さを、
個別の問題毎に批判しているのである。

これは意見であり、考え方である。

黒人の外見的な側面を揶揄するような韓国人と、
同列に語られたらたまらない。

マンデラ氏は、獄中生活から解放され、大統領になった後でも、
黒人に酷い仕打ちをした白人たちに報復をすることを
決して許さなかったという。

氏が天国から、深刻な人種差別を行い、歴史を捏造し、
「怨み」の感情のみで生きている韓国人を見て、何を思うだろうか。

怒り? いや、ただただ悲しみ、彼らを哀れむだけであろう。

PageTop

危険な韓国食品

韓国のインスタントラーメン「辛ラーメン」から
有害性重金属が検出されたことが問題となっている。


検出されたのは、ヒ素や水銀、銅などであり
人体に重篤な影響をもたらすものだ。


海外にも輸出されている商品だけに、
国際的にも非難が殺到している。

以前、支那から日本に輸入された
「毒入り餃子」事件があった。

これは突発的・人為的な殺人行為であり、
到底許せないものだが、原因を取り除けば、
一応の問題解決は図られた。

つまり、一過性の事件であるとも言える。

しかし、韓国の本件の場合は、
原因がわからず、日ごろのずさんな衛生管理に
より、いわば「慢性的」にこのような食品が輸出
されているところに問題の根深さがある。

韓国製キムチが大腸菌に汚染されているとして
アメリカで輸入禁止処分となったことも記憶に新しい。

つまり、韓国は不潔、不衛生な国であり、
その食品などは極めて人体に悪影響を及ぼす
可能性が高い。

韓国が不衛生なのは、今に始まったことではなく、
韓国人の寄生虫保有率は、世界最悪水準だという
報告もある。

このような不衛生、有害な食品を海外に輸出するのは、
もはや食品テロ、殺人未遂行為である言っても
過言ではないだろう。

常日頃から、さまざまな害悪を世界にばらまいている
同国であるから、世界各国が求められるのは、
韓国製品を、「輸入しない」「食べない」という自衛策を
とることである。


人体を蝕む韓国食品。

自分の身は自分で守るしかないようだ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。