高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朝鮮学校無償化反対

無償

「朝鮮学校はずしにNO! 全国集会」が、
先月末に東京都の日比谷野外音楽堂で行なわれた。
朝鮮学校の生徒を含めて約6000人(主催者発表)が詰めかけたそうだ。

「高校無償化」制度は民主党政権下で三年前の四月にスタートした。

しかし政府は、適用の可否に際し「個別の教育内容は判断材料にしない」
「外交上の問題は考慮しない」としながらも、朝鮮高校生徒については
「検討中」「審査中」として先延ばしにしたまま下野した。

そして、安倍自公政権は今年2月20日付で文部科学省令を改正し、
適用外という適切な措置を取った。

集会のある参加者は、「私たちは、差別やイジメの対象として
日本にいるわけではない。在日の基本的人権が踏みにじられることが
当たり前になってしまえば、これからの日本はどうなるのか」
と論理的にも破綻した自説を展開したという。


恥を知らぬとはまさにこのことだ。

無償化と基本的人権がどう関係するのだ?

その理論でいくと、日本人が通う私立学校の学費が無償
にならないのも基本的人権を無視しているということになってしまう。

朝鮮学校への通学は、義務でも何でもない。

自ら選択して通っているのではないのか?
そこまで無償にこだわるのであれば、普通の公立高校へ通えばよいでないか?

ましてや朝鮮学校というのは、
国際的テロリストである金一族を賞賛し、
日本を敵視した教育を行っているのである。


数々の非人道的行為を行う北朝鮮政府こそが、
まさに基本的人権無視と言うべきだろう。

このような工作員養成機関である朝鮮学校を、
税金を使い無償化するなど100%あり得ない話である。

モノの道理が少しでも理解できれば、誰しも当然のことと思うはずである。

誰にも民族教育を受ける権利はある。

しかし朝鮮学校で行われているのは
民族教育ではなく、独裁者を礼賛し、
日本を内外から攻撃するための準備教育なのだ。


今後とも朝鮮学校に対しては、大学入学資格の全面撤廃を含め厳しい措置で臨むべきである。

スポンサーサイト

PageTop

生活保護など不要

政府が生活保護の給付水準の引き下げを検討している。

しかし「ようやく」といった感が否めない。
今までタブーのように扱われ、改革できずにいたために
反日勢力にも随分と食い物にされてきたと思う。

法律で定められた最低賃金で毎日朝から晩まで働くより、
生活保護のほうがもらえる金額が多い、
これは明らかに制度の欠陥である。

現在、生活保護を受けているのは200万人を超える。
ちなみに、在日韓国・朝鮮人の生活保護需給率は、日本人の3倍以上だという。

何かおかしくないか?
そもそも外国人、ましてや日本を敵視している輩になぜ日本国民が払った
税金から生活費を負担しなければならないのか?

考えてみてほしい。
日本人が韓国で困窮したとして、生活保護がもらえるだろうか?
せいぜい大使館経由で日本に送り返されるのが関の山だろう。

在日には、「日本からはいくらでも金をむしりとってもよい」という
考えが根底にある。戦後の賠償金や慰安婦問題と、外国人への生活保護問題は
本質は同じである。

嫌いな国である日本に、頼まれもしないのに居座り、金をせびる。
そんな卑しい奴らは、即刻日本から出て行ってもらいたいものである。

PageTop

支那共産党は愚連隊

共産党

思った通りだ。

尖閣諸島北方海域における支那海軍艦艇による海上自衛隊護衛艦への
レーダー照射が、支那共産党中央の指示によるものだったことが分かった。
(24日付産経新聞)。

党中央から、中央軍事委員会に対して、
「日本を威嚇する方法はないか」という指示が出された。

加えて、「日本の出方を試す必要もある」との意図も伝えられた。

威嚇手段の検討を指示された中央軍事委員会が、
レーダー照射に加え、「火砲指向」も提示。

党中央はいずれも実施を許可していた。
事実上の戦争容認である。

実施時期と場所、手順については艦艇の「艦長判断」に委ねる方針も示した、という。

どこの国でも、軍隊の現場指揮官の裁量権は、それほど大きくない。

現場判断で出来ることは限られる。
だから、今回の照射が艦長の一存で行われたものだったら、
表向きには「日本が悪い」と言い募ったとしても、
裏では出すぎた真似をした艦長の責任が厳しく問われたはずだ。

軍隊とはそういうものだ。上官の命令に絶対服従というのが鉄則で、
そのための訓練を営々と重ねているのだ。

これで改めてはっきりしたのが、支那共産党の愚連隊体質だ。

海自護衛艦「ゆうだち」の艦長が忍びがたきを忍んで冷静に対応したから
良かったものの、これが支那レベルの艦長だったら、戦闘になっていただろう。

支那よ。どうせ証拠があるわけじゃないと、高をくくっているのだろう。

しかし、世間は怖い。

国際社会は見ていないようでいてしっかり見ている。
かならず自分の身に跳ね返ってくるのだ。


もう一つ、よく知られていることだが確認しておきたい。
それは、支那の軍隊は国家の軍隊ではないということだ。

共産党に所属する、共産党の軍なのだ。

国民のためのものではない。時には国民すら攻撃の対象とする。

東トルキスタンやチベットでの虐殺や、天安門事件の本質がここにある。

PageTop

北には無視か拒否

3月1日から2ヶ月間にわたって行われた米韓合同軍事演習
が30日に終了する。

この間、北朝鮮の焦りと狼狽ぶりはすさまじいものであった。
朝鮮戦争休戦協定の撤回、横須賀、沖縄やグアムへの攻撃予告、
ミサイルの発射準備、核実験の予告、などである。

無論、まだ何が起こるかは分からないが、これらはすべて北の虚勢だといってよい。
なぜなら、ミサイルを発射した途端に金王朝は崩壊し滅び去るからだ。

北の張ったりと脅しに対して米韓はともに、
核開発の中止を条件としつつ対話を促した。

北も国連精彩の撤回などを条件に対話をほのめかすなど、トーンダウンだ。

米国はICBMの発射実験を早々と凍結してしまった。

米韓の姿勢は大きな誤りだ。同じことを何度繰り返してきたことか。

北は絶対に核開発をやめない。核がなければ国際社会を脅す力もなくなる。

対話の姿勢を見せるだけで、金正恩は大喜びだ。

米国に振り向いてもらうだけで、指導者としての権威付けになるからだ。
具体的な成果など初めから期待もしていないだろう。
条件だなんだとやり取りしているうちに、核もミサイルも着々と開発が進む。

民主的な交渉や解決などありえない国なのだ。

日本も含めて、取るべき道は一つしかない。

北がどれだけ脅してこようが、甘いサインを送ってこようが、
絶対に無視することだ。

国連などで、意思を表明する必要がある場合は、「ノー」の一言で通せばいい。

絡みつくやくざ者を相手にしないと宣告しよう。

PageTop

石原氏の止まらぬ公明批判

先日の党首討論で石原慎太郎氏が、安倍首相に対し、
「公明党は近いうちに必ずあなた方の足手まといになりますよ」
と露骨に公明批判を繰り返した。

彼のこの手の言動は今にはじまったことではないが、
夏の参院選で憲法改正を争点にするということに関して、
ある種のけん制をしているのだと考えられる。

もともと公明党は憲法改正には消極的なのだから、この指摘は理にかなっている。

東アジア情勢が緊迫する中、今や憲法改正は悠長に構えてられない
喫緊の課題であるのだから、憲法改正や破棄に対して批判的な勢力は、
今のうちにどんどん振るい落としておかなければ、国益を害するというのが通常の考え方だ。

「(日本国民は)平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しようと決意した」


現行占領憲法の前文である。

首相自身が「いじましい敗戦国のわび証文」と断じているが、まさにそのとおりである。
「日本の隣国は、全て善人だから、私たちは丸腰でいます」と言わされているのだ。

言い換えると、周りの人間は全て善人だから、
夜も外出時も家の鍵をかける必要など
ありませんということだ。


これがいかに現実と乖離した非常識な理論かわかるだろう。

こんな欺瞞(ぎまん)が記された前文こそ、まず改めるべきだ。

現実の世界に目を向けると、北朝鮮は核と弾道ミサイルによる恫喝を
エスカレートさせ、膨張する中国は尖閣諸島(沖縄県石垣市)などへの
領土的野心を隠さない。

ロシアは北方領土を、韓国は竹島(島根県隠岐の島町)を不法占拠し続けている。

隣人は善人どころか、悪人・強盗だらけなのが現在の日本がおかれた状況である。

その現実を直視することなく、ひたすら「平和憲法は絶対に変えてはならない」
などとヒステリックに叫んでいる勢力は、客観的事実に即して物事を判断する
能力が完全に欠如していると言うほかない。

憲法とて法律。

時代時代である程度の柔軟性を持たせ、臨機応変に対応できるようにしないと、
日本は「占領憲法」によって内側から滅ぼされることになるだろう。

それを防ぐためには、夏の参院選で憲法改正を徹底的に争点化し、
良識ある勢力による真の独立国家創りに期待するほかない。

PageTop

日本海は日本海

日本海

NHKがインターネット上で番組の一部内容を動画配信するサービスで、
ウェブページに使用している地図に疑問が寄せられている。

日本海の表記になぜか「東海」という記述が併記されているのだ。
「東海(トンヘ)」とは、韓国が日本海の名称に異議を唱えて持ち出した呼称だ。

地図にはほかにも尖閣諸島や竹島の表記が見当たらないなど、不自然な点が少なくない。

「NHK映像マップみちしる」では、BSで放送された番組をはじめ
NHKが所有している映像の一部をネット上で無料配信している。

サイトにアクセスすると画面上に日本地図が表示され、
どの地域に関連する映像が視聴できるかが分かる仕組みになっている。

見たいコンテンツを都道府県別ごとやキーワードで検索したり、
地図を拡大縮小したりすることも可能だ。

地図を日本列島全体が画面上に広がる程度の縮尺に設定すると、
日本海は単独表記となっている。ところが少し拡大すると
「日本海(東海)」と併記される状態に変わる。拡大し続けても併記は解消されない。

外務省によると「東海」は、1992年の第6回国連地名標準化会議で
韓国が初めて持ち出した呼称だ。

突然韓国が「東海」の単独表記か日本海と併記すべきと
言いがかりをつけてきたのだ。

日本政府はこれを「根拠のない異議」とはねつけ、
日本海が「国際的に確立した唯一の呼称」との立場を一貫して守っている。

2012年に開かれた国際水路機関(IHO)総会でも韓国は、
IHOが刊行する標準海図集で「東海」の記載を主張したものの、
結論が先送りされたため日本海の単独表記が決まっている。

ほかにも奇妙な点がある。現行のグーグルマップ上では島根県・竹島が表示されるが、
「みちしる」ではこれが見当たらないのだ。相当拡大して探してみても島の存在すらない。

公共放送であるNHKが、政府見解と全く異なる地図を公に公表するなど、
あってはならないことである。


公共放送は、国民のためになる情報を提供するからこそ、
受信料を受け取ることができるのである。


国民のためどころか、敵国に有利な報道や映像・画像の提示が日常化している、
NHKは反日報道機関と言われる所以である。

かの田母神氏率いる「頑張れ日本 全国行動委員会」などは、
NHKのそうした姿勢を厳しく批判し、デモなども行っている。

言論統制などという非民主的なことは歓迎しないが、
日本の敵は、国内随一のメディアでもあるのだ。

PageTop

経済政策失政を他国のせいにする体質

乗車居k比



韓国の全国経済人連合会(FKI)が3日公表した調査によると、
同国の主要メーカー各社の輸出や業績が圧迫されており、
この問題に対処するため、政府の支援を求めている。

調査では過半数の回答企業が円JPY=の急落によって損失を被っていると答えた。

円の対ウォン相場JPYKRW=Rが10%下落すると平均で回答企業の輸出売上高は2.4%、
営業利益は1.1%、それぞれ減少するという。

韓国という国は何かうまくいかないことがあると、全て人のせいにする。
そのとばっちりを最も受けているのが日本である。

韓国経済の構造的脆弱性は、今にはじまったことではなく、
かつてから指摘されてきた。

過度な輸出依存、産業の偏り、財閥系企業への依存などなど・・・。

もともとが経済的には非常に危うい状態にあったのである。
それを為替が少し動いたから財政危機になった、業績不振になったなどと
いうのは全くのお門違いである。

数年前まで1ドル=120円という時期もあったのである。
為替は動くもの。そういう前提で政策を立案しないと、このような
事態になる。知能的にレベルの高くない韓国の政治家や企業経営者は
そこのところも理解していない。

韓国の国内事情もある。

格差社会で、一部の人間は大手企業に入社すれば安泰であるが、
そうでない大多数の人々の所得は依然低く、平均しても日本の半分以下だ。
そのような不満をそらすためにまたもや「反日」が利用されているのだ。

そしてウォン高になり、韓国を訪れる日本人観光客も激減しているという。
嫌いな日本人が来なくなり、喜ぶのが筋であるのに、ここでも観光業界は文句を垂れる。
自己矛盾もここまでくれば笑うしかない。

そもそも、ランダムウォークである為替相場まで日本のせいにされたらたまらない。
しかも歴史的円高水準から是正しただけで、決して実態経済に照らし合わせても
不適切な水準とは思えない。

「すべて日本が悪い」
この子供じみた言い訳から脱却して、
己を客観的に見つめなおさないと韓国経済が完全に息の根を止められるのは必然である。

いや、もう時すでに遅しか。
やってしまったことは、取消は効かないのである。

PageTop

今さら許してなど、絶対に通用しない

kim.jpg
朝鮮半島情勢が緊迫している。

北朝鮮は先月、朝鮮戦争の休戦協定を一方的に破棄することを宣言した。
米韓が合同軍事演習で対抗し、ステルス爆撃機B2や
最新鋭戦闘機F22を投入すると、北の反発はエスカレート。

先週は中距離弾道ミサイル「ムスダン」を移動式発射台に乗せて東海岸に配備した。

さらに、各国の大使館に「10日以降は安全を保証できない」として
避難を要請するなど、完全に戦争一歩手前の演出である。新たな核実験の兆候もあるという。

さすがに支那もたまらず、王外相が「玄関口での争いは許さない」と北朝鮮をけん制した。
北京と平壌との間の直線距離は約1000キロ。

東京から札幌や福岡との距離とほぼ同じだ。

そんな近くで衝突が起きたのではかなわないだろう。

なにしろ、ミサイルも核も開発している北朝鮮なのだ。

この騒ぎの責任は当然、すべて金正恩にある。

この男の狙いはなりふり構わぬ権力維持である。

そのために目指すのは米国との対話しかない。

チキンゲームのような脅しは皆、
米国に対する対話を求めるサインなのだ。
「構ってちゃん」なのだ。

ぼんぼん育ちの独裁者坊やである。

痛い目に合わなければ世間が分からない。
反省などしない。だから、痛い目にあわせてやらないといけないのだ。

かつてのルーマニアのチャウシェスクや、イラクのフセインと同様、
生半可な処罰では許されない。

徹底的に、躊躇なく、無慈悲に、阿鼻叫喚の叫びとともに独裁者は滅んでいくのである。

今さら、「命だけは」とか、「そんなつもりではなかった」などという言い訳は
通用するはずもない。Too late、もう既に遅いのである。

PageTop

北が北なら南も南

北朝鮮軍兵士の集団脱走が増えている。
2月には兵士2人が上官を射殺して脱北、3月には12人が武装のまま脱北した。

支那側はこのような兵士は射殺するか強制送還するのが常だ。

軍として当然の措置ではあるが、
帰せば処刑されるのが分かりきっているのだから、
支配者に逆らえばどうなるのかという、自国民に対する見せしめにもなるだろう。

一方、米韓合同軍事演習に反発する北朝鮮は、
韓国に対して戦争状態にあると宣告し、
沖縄、横須賀、三沢の在日米軍基地に対する攻撃も警告している。

戦争だ、攻撃だ、と脅しを連発するのは笑止である。

北朝鮮がなぜこんなに躍起になるのかを考えればいい。
ひとえに、金正恩と軍幹部による支配体制を守るためである。特権を守るためである。

支配者は餓死する人民など、どうでもいいのだ。

ところが、軍の備えは貧弱だ。訓練用の石油もないから、戦闘機も飛べない。

戦車も走れない。

ミサイルが目立つので、派手に見えているだけなのだ。

弱いやつほど大声をあげて自分を大きく見せようとするわけだ。

だから、自殺に等しい戦争は考えられない。

もちろん、2010年の韓国軍艦撃沈事件や延坪島砲撃のようなことは起こりうる。
韓国軍はこれまで自制してきたが、次も黙っているかどうか。

米国だって、北のミサイル開発が米国本土を射程に
捉えるようになってきた以上、無視を決め込んでいられるかどうか。

ある程度の反撃はありうるのだ。いや、反撃すべきだ。

やりたい放題はいつまでも許してもらえるわけがない。

道理を知らない国に、最低限の常識を教えてやるのだ。

道理を知らない人間のクズに、鉄槌を喰らわせてやるのだ。


ところで、道理を知らないという点では、韓国も同様だ。

長崎県対馬の寺から盗まれた観世音菩薩坐像。

韓国警察が押収したが、これを日本に返還しないというのを
裁判所が認めたのには、開いた口がふさがらない。

もともとは朝鮮で作られたというのなら、
日本の持ち主に返した上で話し合うのが当然だろう。

盗んだものを返さないのなら、裁判所も泥棒と一味同心ではないか。

朝鮮がかつて、仏教を迫害し、仏像を破壊した歴史には眼をつむって、
何百年も大切に拝んできた日本の寺から横取りする。なんという人たちか。

歴史をきちんと見ないで、その場その場で自分縫い
都合のいいことを声高に主張する。なんという国か。

まあ竹島を盗んだという点で、国家自体が泥棒だということはとうの昔に
証明されているわけだが・・・。


日本は、大陸や朝鮮半島から伝わった文化も宗教も大切にし、
認めたうえで発展させてきた。朝鮮は日本の文化や歴史を素直に見つめたほうがいい。

一つだけ例を挙げる。朝鮮の代名詞にもなっているキムチに使う、唐辛子。

これは秀吉の朝鮮出兵の時に日本から伝わったものなのだ。

だから、最初は朝鮮で「倭芥子」と言った。
韓国でも通説だそうだが、もちろん異説もあるらしい。

「~は日本が起源ではない」ということが、研究費確保の早道なのだそうだ。
あきれるほかない。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。