高田知弘 日領会代表ブログ

大衆保守運動グループ「日本領土を守る会」代表 高田知弘が運営する公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

支那の新体制の危険

習

支那の全国人民代表大会で習近平主席は閉幕演説を行い、
「中国の夢」という言葉を9回も使って富国強兵路線を強調した。

すなわち「中華民族の偉大な復興という中国の夢を実現することは
国家の富強、民族の振興を図ることだ」というのである。
また軍と武装警察に対して「党の指揮に基づいて戦争に勝つ準備をし、
国家主権、安全、利益を固く守ろう」と指示した。

言い換えると、共産党による一党独裁支配をさらに強化し、
軍備増強と領土拡大を進めるというわけだ。


平和友好とはいいつつも、国際社会のリーダーの一人として
世界の平和と安全をささえ、互いに経済発展を図るという具体的なメッセージはない。

地球規模の目線に立った内外への呼びかけはない。
 
一言で言えば、志がない。

世界第2の経済大国の元首が就任演説で、
戦争に勝つ準備をせよなどというだろうか。

中華民族の復興を強調しているが、そもそも中華民族という民族はいない。
共産党がチベットをはじめとする多様な民族を虐殺し、侵略し、支配するための
便利であいまいな表現なのだ。

実は、習の立場も苦しい。内憂外患というより、内憂だらけだからだ。
幹部の腐敗、農村の貧困。「北京ではただでタバコが吸える」
と支那人が自虐するような環境汚染。第2の都市の川に病死した豚が一万匹浮かぶ。

中長期的な経済も大変だ。2012年末の支那の労働力人口(15~59歳)は
前年比で初めて減少したという。

急成長を支えてきた労働力の伸びはピークを超え、
これからはあっという間に高齢化社会を迎えるのだ。

国内情勢が厳しくなれば対外強硬路線に走って
国内を引き締めようというのは古今東西の権力者に共通する手口だが、
そうは問屋がおろすかどうか。

いまや日本は甘くないのだ。

支那は出口のない袋小路に入ってしまう可能性さえあるだろう。

遅れてきた超大国は、遅れたままの超大国と成り果てるのか。

中国の夢が、世界の悪夢とならないように願う。

スポンサーサイト

PageTop

有害国家が有害物質を垂れ流す

PM.jpg

眼がかゆい、ような気がする。

3月。花粉の季節である。

私の家から近いところにも杉の人工林がいっぱいあるので、
シーズンにはひどいことになる。

大げさでなく、目玉を引っ張り出して、
たわしでごしごし洗うことが出来たらどんなにいいことか。

そこへ持ってきて、黄砂だ。
雪が消え始めるころに支那から飛んでくる。

昔は気にもならなかった。ニュースで見ても、北九州あたりのことだと思っていた。

この辺で目立ちだしたのはこの数年だ。
車の屋根に積もるようになった。なぜなのか。黄河の流域の荒廃、砂漠化がそれだけ進んでいるのだろう。

さらに 腹立たしいのがPM2.5である。

黄砂も健康に悪影響を与えるが、PM2.5は桁違いのようだ。


ウイルスより小さいというのでは、どんな被害が出るのか見当もつかない。

昼でも暗い北京の映像を見ていると、この世の終わりのようである。

支那の無責任体制が生んだ鬼っこだ。

もちろん支那人が健康被害にあってすむ話なら、なにもいう必要はあるまい。

それが偏西風にのって黄砂と同じように日本へ飛んでくるのだ。

これは公害の侵略である。

日本の社会で、隣人がこんな公害物質を生成させて隣家に飛ばせば、犯罪的といえる。
国家による犯罪ではないか。

日本は、福島の放射能が大気中に放出されたことで
WHO総会の場などで世界に謝罪した。支那はどうするのか。

支那人の間で、PM2.5を防ぐ空気清浄機で信頼性が高いのは
日本製というのだから、漫画である。

アメリカ経済を劇的に好転させつつあるシェールガス。
このシェールガスは支那の奥地にも大量に眠っているという報道があった。

ところが、シェールガスの採掘には大量の水が必要だ。
よく知られているように、支那は飲み水さえ足りない水不足に悩んでいる。

これも、やりたい放題やらせた政治の結果である。

資源がありながら採掘できないのだ。たぶん、永遠に無理だろう。

支那よ。因果応報。反省せよ。

PageTop

オスプレイ反対運動の浅はかさ

オスプレイ

在日米海兵隊の普天間飛行場(沖縄県)に配備されている
新型輸送機MV22オスプレイ3機が3月6日、和歌山県から
四国上空に設定した「オレンジルート」と呼ばれる経路を使って低空飛行訓練を開始した。

オスプレイの本格的な本土上空での訓練は初めでである。

そして早速その四国ではオスプレイ反対運動が起こっている。

もちろん地元の人もいるのだろうが、
まるで普天間から極左活動家がそのまま
移動してきたような印象を受ける。


このような出来事があると、知識の少ない地元の高齢者などを
不適切な情報で不安に落としいれ、自らの活動を拡大するのである。

ニュースなどでは、「地元を低空飛行するのは事故が不安」、
「騒音が気になる」などといった声も紹介されているが、ちょっとまってもらいたい。

支那との「戦争一歩手前」の状況にある時に、そのようなことを言っていられるのであろうか?
事故が心配?それよりも支那が侵略してくるほうが心配ではないとでも言うのか?

オスプレイに事故の確率がゼロとは断言しないが、万が一不幸にもオスプレイの事故に
巻き込まれて命を落とす確率は、近所を歩いていて交通事故で死亡する確率の
数万分の一以下であろう。


オスプレイの事故だなんだという人はまず、
「四国では自動車走行は禁止!」
という運動をやってもらいたい。


尖閣諸島を奪われ、東太平洋の覇権主義を拡大させて黙っているのか?
オスプレイは、その抑止のためにも非常に重要な存在なのである。

日支の軍事力は、残念ながら数の上では支那に圧倒的に劣る。

人員数だけでも自衛隊25万人に対し、人民解放軍200万人と桁違いであり、
戦闘機は日本は主力のF15戦闘機を200機強保有しているが、
支那は1000機以上保有している。

軍艦の数も数倍の開きがある。もちろん、その性能は日本の方がはるかに高い。

しかしながら支那も年間11兆円という途方もない軍事予算を使い、
その技術も日に日に向上していることは確かである。

そうした数の暴力により支那は、日本の尖閣諸島や、ベトナムの南沙諸島などを
侵略しようとしているのである。

その抑止のために、米軍が極東にオスプレイを配備していることは
非常に重要である。

オスプレイは輸送機ではあるが、どんなに優れた兵器をもっていても、
補給路を断たれればたちまち戦況は立ち行かなくなる。

航続距離の長くしかも小回りの利く輸送機は作戦上も不可欠なのである。

それらの大局的な東アジア情勢を考えずに、
ただ感情的に配備反対という極左勢力は、情報分析能力が著しく低い。

自分の命が危うくなってはじめてその重要性に気付くしかないだろう。

もちろん、オスプレイは米軍が日本を守るために配備しているわけではない。

あくまでもアメリカの太平洋防衛のためのものである。

しかし、それは結果的には日本の安全にも寄与することを忘れてはなるまい。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。